イギリス取材旅行26(雨空の中のドライブ)

向こう岸に渡る船着き場に着いたのは午後五時過ぎでした。

最初のボートには12人しか乗れませんから、行きで最終組だった私たち4人は二番目のボートで川を渡ることにしました。
ボートを待っているときに撮影した写真です。

IMGP3443-1_20170729223937f64.jpg

この鳥の名前はオイスター・キャッチャー(牡蠣を取る鳥の意味で、日本語ではミヤコドリ)だと残留組の英国人のご夫婦に教えてもらいました。

20分ぐらいしてボートが戻って来ました。

IMGP0917-1_20170730155105753.jpg

先に行ったボートはもっと大きかったのですが、今度は乗客が四人なので、船長さんはより小さなモーターボートに乗り換えて迎えにきたんですね。
ただし帰りは、風が強くなったうえに小さなボートだったこともあり、ずいぶん水を被ってしまい大変でした。

午後5時半に向こう岸に到着。
実はここから1時間強、車を走らせないと、この日の宿泊先に着きません。
宿泊先には午後6時半に到着予定であると伝えてありますから、そうのんびりしてはいられない時間となっておりました。
すぐに車に乗り込んで、出発します。

快晴だったのがウソのように、夕方から雲が多くなって、ポツリポツリと雨が降り始めました。
雲が低く垂れ込めた雨空の中を進みます。

IMGP0920-1.jpg

山を越え、川を越え、ひたすら車を走らせます。

IMGP0922-1.jpg

ほとんど一車線の道路で、ところどころに対向車とすれ違うことができるゾーンが設けてあります。
そしてピッタリ午後6時半に、宿泊先に到着。

IMGP0924-1.jpg

周りにはお店などまったくない田舎の宿泊施設です。
事前に頼んでおいた夕食は、イギリスの田舎料理のパイでした。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR