イギリス取材旅行22(ラス岬に行くための渡し船)

ファア湾を後にして向かったのは、スコットランド北西端のラス岬へ行くための渡し船が出ているダーネスです。
でもその日は本当に天気が良かったので、綺麗な海岸や風景を見かけるたびに車を止めて景色に見入ってしまいます。

ここもその一つ。

IMGP0848-1.jpg

ダーネスの2・5キロほど東にあるシアナベイン・ビーチです。

IMGP3412-1.jpg

ここも非常に美しいビーチでした。

こちらは道路わきで咲いていたゴース。

IMGP0835-11.jpg

非常にいい匂いがする花です。

さあ、ちょっと寄り道をしてしまい到着が遅くなってしまいましたが、ラス岬に行くための小舟(ボート)が出ている桟橋に到着しました。
しかしここでトラブル発生。そもそも時刻表もない、船長が気ままに運航するボートなのですが、午前11時50分に着いたところ、次の船は午後12時半ごろの見込みという張り紙しか張っていないんですね。売店もなければ、券売り場もありません。張り紙を見た人たちは一応列を作って並んでいます。

売店があると思っていたらなかったので、一度町に戻って水を買うなどして戻って来ると、先ほどより列が長くなっています。
しかもどうやら人数制限があるらしいこともわかって来ました。
その時、列に並んでいたのは18人。ボートには12人しか乗れません。
ということは最後尾にいた我々は乗れないことになります。
それでも、「もしかしたら乗れるのかもしれない」と思って待っていると、対岸からようやくボートがやって来ました。

IMGP0855-1.jpg

こちら岸に着いたボートは向こう岸からの乗客を降ろします。
そして列を作って待っていた我々の人数を数えた船長は、対岸に渡っても16人しかケープ岬行きのバスに乗れないと告げます。
当然我々は16人にも入っていなかったわけですから諦めて帰ろうとしたとき、前の方で待っていた二人組がどうしたわけか辞退します。
すると我々は16人以内に入ってギリギリセーフ。
でも、ボートには12人しか乗れませんから、残された4人は最初のボートには乗れずに、再びボートが戻って来るのを待つことになりました。
待つこと30分。時計は午後1時を回りました。
残された4人もボートに乗り込んで、対岸へと向かいました。

IMGP0857-1.jpg
(続く)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR