イギリス取材旅行14(チャーチルの土手道)

この日は雨が激しく降り続いたため、探索は中止。
オークニー本島最大の町であるカークウォールで、ショッピングをすることにしました。
いくつかお土産を買った後、本島と土手道でつながっている南ロナルゼイ島に渡ります。

ここが今日の宿泊地。
前回もここのホテルに泊まりました。
ホテルの部屋からの風景です。

IMGP0717-1.jpg

赤地に黄色い境界線の青いスカンジナヴィア十字の旗は、オークニー諸島の旗です。
スカンジナヴィアに近いだけあって、旗も似ています。

翌6月7日も雨です。

IMGP0719-1.jpg

波が道路に迫っていますね。

IMGP0720-1.jpg

海は大荒れです。

本島と南ロナルゼイ島を結ぶ土手道。

IMGP0723-1_2017071114271630b.jpg

この写真右手の土手道は、第二次世界大戦中に軍港を守る目的で時のチャーチル首相の命令で建設されました。
なので「チャーチル・バリアーズ」と呼ばれています。
土手道の左手の浅瀬には、意図的に沈められた船の残骸が顔を出しています。
1939年10月14日、オークニー本島の港に停泊中の英海軍の軍艦がドイツのUボートに撃沈されたのを機に、沈没船バリアーや土手道の建設が進められたんですね。

その土手道を使って、再び本島へと渡ります。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR