イギリス取材旅行1(オックスフォードの古書)

三週間に及んだイギリス取材旅行を駆け足で紹介しましょう。
日本を出発したのは5月30日のお昼頃。
機中12時間ちょっとで、イギリスのヒースロー空港に到着したのは、同じ日の午後4時ごろです。
 
いつものように空港でレンタカーを借りて、この日の目的地は車で90分ほどのオックスフォードです。
以前ケンブリッジには泊まりましたが、オックスフォードに泊まるのは初めてです。
この夜は無理に出歩かず、ホテルでのんびりします。

そして翌31日にオックスフォードの町中を散策します。

IMGP0479-1.jpg

以前紹介した「ホワイトホース」のパブですね。

すぐに目に留まったのはマーケットです。

IMGP0480-1.jpg

ここでイギリス考古学の草分けジョン・オーブリーの古書を手に入れます。
古書を売っていたのは、ドイツからイギリスに来て10年以上経つ30代か40代男性でした。BREXITの影響で雲行きが怪しくなってきたので、そろそろドイツに帰ろうかと思案しているとのことでした。元々は銀行マンで、一種の脱サラでイギリスで古書販売を手掛けていたのだそうです。長年イギリスに住んでいるために、ほとんどドイツ訛りのない英語でした。

オーブリーの古書についても、いつかご紹介しましょう。
なぜこの本を買うことになったのか。どういう意味があるのか。
一つの物語が完結いたしました。

さて、午前中でオックスフォードの散策を終え、午後はウェールズに向かいました。
(続く)

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR