オオタタネコを祀る大直禰子神社(若宮社)

大神神社のそばにあるソーメンのお店でお昼を食べた後、向かったのは、大神神社の摂社・大直禰子神社(若宮社)です。

IMGP0372-11.jpg

本殿をお参りします。

IMGP0370-1.jpg

主祭神はもちろんオオタタネコです。普通、大田田根子(禰子)と書きますが、「田田」の代りに「直」と書くこともあります。これは『先代旧事本紀』に亦の名としてそう書いてあるからですね。

IMGP0368-1_20170507225825928.jpg

崇神天皇の時代、国難に遭ったときに、大物主神を祀る祭主に大物主の直系であるオオタタネコを抜擢したところ、国は平和になったと書かれています。
『先代旧事本紀』では、天日方奇日方命(アメヒカタクシヒカタ)の直系でタケイイカタスと鴨部のミラヒメとの間に生まれた息子であるとされています。
でも私は、系図入れ替えによって、そのように隠された巫女であったと思っています。
隠された理由は、ミカシキヤヒメの直系だからです。
ネコという名前が付けられているということは、皇族であったということです。
該当者が一人いますね。
トヨスキイリヒメよりも前に伊勢大神を祀る祭主となった人です。
いつか、そのことを詳しく説明いたしましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR