大神神社のご祭神・大物主神について

再びやって参りました。大三輪の素麺・・・・・というよりは、大神神社(おおみわじんじゃ)ですね。

IMGP0360-1.jpg

大神神社を訪れるのは二度目です。

IMGP0365-1.jpg

前回はご神体山の三輪山に登り、磐座をお参りしております。

主祭神は大物主神。オオナムヂとスクナヒコナも一緒に祀られております。

IMGP0362-1.jpg

なぜこの三神が一緒に祀られているかは、おわかりですよね。
オオモノヌシが、オオナムヂとスクナヒコナがやっていた「国作り」を助けて完成させたからです。
つまり、この大和の地に統一王朝を建てた立役者がオオモノヌシなのです。
ナガスネヒコの妹ミカシキヤヒメを娶り、統一大和王朝の初代王となりました。
オオナムヂだけではできなかったと『古事記』にも書かれていますね。

で、このことからもわかるように、オオモノヌシと大国主ことオオナムヂは別の神です。
『日本書紀』に、オオモノヌシは「オオナムヂの奇魂とか幸魂である」と書かれていたり、あたかもオオモノヌシと大国主が同じ神であるかのように書かれたりしているので、誤って同一神扱いされてしまっているんですね。

なぜオオナムヂの「奇魂・幸魂」であるかというと、ナガスネヒコに追い詰められたオオナムヂの命を救ったうえに、国作りの完了(統一大和王朝)という幸せをもたらした「櫛玉」こと天照国照彦天火明櫛玉ニギハヤヒノミコト(出雲名はオオトシ)だからです。

ただし個人的には、オオナムヂの「幸魂」はスセリビメであったと思います。スセリビメと結婚したから、オオナムヂは出雲の王になれたわけですからね。
でもスセリビメはスサノオの直系で正統な王の継承者でしたから、姿も名前も隠さなければならなかったわけです。

重要なのは、その大物主ことニギハヤヒの子孫(ツミハ)と、賀茂の祖神・タケツノミの子孫(イクタマヨリビメ)が結婚して生まれたのが、ヒメタタライスズヒメであったことです。
この姫こそ、正統な王位継承者。
出雲族の王子・佐野命はその娘婿として政略結婚することにより、「神」の名を冠したカンヤマトイワレビコ(神倭磐余彦)、神武天皇になることができたわけです。
(続く)


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR