スセリビメの隠された神名

昨日は飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の主祭神ウスタキヒメ(臼滝姫)がたくさんの別名を持つ神であり、名前の響きから宗像三女神のタキツヒメ(高津姫、多紀都比売)ではないかと書きました。
でも本当の秘密は、そこにはありません。
というのも、これほど本当の神名が隠された神はほかにいないからです。
なぜ隠さなければいけなかったか。
それはスサノオの直系であり、しかも正統な王位継承者だったからではないでしょうか。

「えっ、女性で王位継承者って、出雲国にいた?」と疑問に思う人もいるかと推察しますが、答えは「イエス」です。
末子相続の出雲族ではスセリビメが正統な王位継承者でした。
その娘婿がオオナムヂ。
葦原主国(キエンギ=シュメール)出身のアシハラノシコオです。

その証拠に『先代旧事本紀』には、国譲りの際に登場する、スセリビメの後を継ぐ王位継承者であるコトシロヌシの母親が高津姫と書かれています。
高津姫は宗像三女神の末子タキツヒメのことです。
宗像三女神はみなスサノオの娘ですが、その母親は誰かというと、長女のタキリヒメはまずアマテラスの子で間違いないと思います。
次女は飛ばして、末子で三女のタキツヒメの母親はアマテラスではないはずです。
なぜなら、末子タキツヒメは同じく末子のスセリビメの別名の可能性が高いからです。
コトシロヌシの母親は『古事記』ではカムヤタテヒメということになっていますが、これもスセリビメの別名です。
それはそうです。
もしコトシロヌシが正統な王位継承者でなければ、国譲りを日向族のタケミカヅチがオオナムヂに迫ったときに、オオナムヂが国譲りしていいかどうかなんて、コトシロヌシに尋ねるはずがありませんからね。
その証拠に、アヂスキタカヒコネにはオオナムヂは一切尋ねておりません。
ということで、カムヤタテヒメとタカツヒメ(タキツヒメ)が実はスセリビメであることが、『古事記』と『先代旧事本紀』をよく読むと、わかるようになっているのです。
また、謎の水の女神セオリツヒメも、実はスセリビメの別名であったのではないかと私は思っています。
今日は、記紀に隠されたスセリビメの神名について私見を述べました。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR