飛鳥川の「水の女神」ウスタキヒメ

奥飛鳥の山奥から平地に戻る際に、ふと足を止めた神社があります。
その名も『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社(あすかかわかみにいますうすたき ひめのみことじんじゃ)』。

IMGP0336-1_2017050121441494c.jpg

本殿を持たず、後方にある南淵山をご神体とする神社です。
長い階段を登って行くと、拝殿があります。

IMGP0333-1.jpg

この神社のご祭神は、神社の名前からわかるように宇須多伎比売命(ウスタキヒメ)です。
大国主ことオオナムヂの妃であるとされていますが、記紀にも名前が記されていない謎の女神です。

「奈良県高市郡神社誌」には宇須多伎比売命は宗像三女神と異名同体の神であると書かれているそうです。
臼滝姫、高津姫、滝津姫、瀬織津姫などたくさんの異名を持っている水の神のようです。
アマテラスの荒魂ともされているようですから、やはりアマテラスの子なのでしょう。
アマテラスの子なら、タギリヒメの可能性もあります。
でも名前の響きから推測すると、宗像三女神の三女タキツヒメでしょうか。
昨日紹介したカヤナルミの母親の可能性が高いですね。
(続く)

 
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR