飛鳥社に鎮座する神様たち

丸山古墳の次に向かったのは、飛鳥社です。
奈良県高市郡明日香村飛鳥にある神社です。

IMGP0322-1_20170426162010cfc.jpg

正式には飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)。

IMGP0313-11.jpg

どの神が鎮座しているかというと、八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)、飛鳥神奈備三日女神(アスカカンナビヒメノカミ)、大物主神(オオモノヌシノカミ)、高皇産霊神(タカミムスビノカミ)です。

このコトシロヌシは、オオナムヂ(大国主)の息子のコトシロヌシです。
オオモノヌシはオオトシのことですから、オオナムヂを助けた「大国主の奇魂」ですね。
でもここでは、オオナムヂのことをオオモノヌシとしているように思いました。

では、アスカカンナビヒメが誰かというと、実はよくわかっておらず、『出雲國造神賀詞』 に 「賀夜奈流美乃御魂乃飛鳥乃神奈備爾坐天(賀夜奈流美の御魂の飛鳥の神奈備に坐て)」との記述があることから、「賀夜奈流美乃御魂カヤナルミノミタマ」とされています。
賀夜奈流美(カヤナルミ)は、オオナムヂがヤシマヂヌミの娘・鳥耳神(トリミミノカミ)と結婚して生まれた女神(鳥鳴海神の別名)とされています。
ヤシマヂヌミは、スサノオとクシナダヒメとの間に生まれた長男ですから、「神族」の直系ということになりますね。
ただし、カヤナルミは、同じオオナムヂの娘でも、高照姫(タカテルヒメ)、あるいは香用姫(カグヨヒメ)ではないかとの異説もあります。賀夜も香用もカグヤと読んだり、カヤと読んだりしますからね。
そうだとしたら、なぜオオナムヂとオオナムヂの子供たちと一緒にタカミムスビが祀られているかも納得できます。
なぜなら高照姫は、タカミムスビのひ孫(アマテラスの孫)に当たるからです。

どのような意味があるかわかりませんが、変わった顔の木彫があったので撮影しました。

IMGP0315-11_20170426162013a8c.jpg

様々な異名を持つ神様の仮面なのかもしれませんね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR