『古事記の邪馬台国』の感想

面白いですね、15日に発売された竹内睦泰氏の『古事記の邪馬台国』。
誓約で生まれたとされる五柱の神のうちオシホミミを除く四柱はオシホミミとアマテラスの息子であるとしているんですね。
すると神武はアマテラスの孫になってしまいます。
しかも賀茂別雷神と神武は同母異父兄弟であるとしています。

この竹内氏が継承した口伝が本当かどうかはわかりませんが、これによってオオトシ(オオモノヌシ)の系図も圧縮しなければならなくなります。
これまではオオトシの息子オオヤマクイが丹塗り矢でその子がツミハヤエコトシロヌシとしていましたが、オオヤマクイがツミハヤエコトシロヌシと同一人物である可能性が出てきます。
同時に賀茂別雷神は鴨王ことクシミカタと同一人物と言うことになります。
クシミカタの父親とされる火雷神はオオヤマクイであると同時に鴨都味波八重事代主ということになるわけですね。

すると、ミゾクイミミとかスエツミミと言われているのは、タケチヌツミことタケツノミということになりますが、タマヨリヒメがミゾクイの娘だとすると、世代が合わなくなってしまうんですね。というのも、タケツノミがアマテラスの孫に当たるからです。
竹内氏の口伝では、タマヨリヒメはタケツノミの娘ではなく、妻であったといいます。しかも神武の育ての親である乳母であるともしています。これなら確かに何とか可能です。

そこで考えられるシナリオとしては、神武の乳母である、琉球の王女タマヨリヒメとタケツノミは結婚したが、そのとき既に火雷神ことオオヤマクイの子(別雷神)を宿していたというのが一つ。ただしこの場合、二人目のイスズヒメはタケツノミの子か、オオヤマクイの子かという問題が出てきます。

次の可能性としては、タケツノミがオオトシの養子となって、オオヤマクイとかスエツミミ、山末の大主神、ツミハヤエコトシロヌシなどと呼ばれたというのが二つ目。

そして、最後のシナリオとしては、タケツノミはタマヨリヒメと形式的に結婚(偽装結婚)したが、実際はタマヨリヒメとツミハヤエコトシロヌシとの間にクシミカタとイスズヒメが生まれた。そこでタマヨリヒメはタケツノミの養女ということにした。

この三つくらいのシナリオが考えられます。
果たして口伝が正しいのか、神のみぞ知る神の話ではありますね。

ナガスネヒコが徐福の子孫で、日ノ本将軍と呼ばれていたという話も面白かったです。
その徐福の血を引くミカシキヤヒメとオオトシの子孫が、開化天皇であり崇神天皇であり、私が陰の祭祀王と呼ぶヒコフツオシノマコト、そして武内宿禰に続いていくわけです。
今回初めて竹内一族の事務局長さんの名前まで出ていて、興味深かったです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR