神の名を捨てた神の社

中鴨社の次は、上鴨社です。

IMGP0202-11.jpg

正式名称は高鴨神社。
鳥居をくぐって境内に入ると、左手に氷室池があります。

IMGP0201-11.jpg

鴨の棲む池です。
とても綺麗ですね。

さて、この神社のご祭神はアヂス(シ)キタカヒコネです。
言わずと知れた、オオナムヂと、宗像三女神の一人タギリヒメ(タゴリヒメ)との間に生まれた王子です。
スサノオとアマテラスが母方の祖父母というわけです。
いわゆる超名門の息子。

アヂスキタカヒコネの娘タマヨリヒメが、ニギハヤヒの息子オオヤマクイに見初められて結婚。生まれたのが、下鴨社のご祭神です。
京都では下が父親で上が息子でしたから、上下が逆転しているんですね。

高鴨神社では、ほかにアヂスキタカヒコネの妹シタテルヒメと、その夫アメノワカヒコ、そして母親のタギリヒメも祀られています。
タカミムスビの返し矢によって暗殺されたアメノワカヒコの喪屋を切り倒して蹴飛ばしたのが、アヂスキタカヒコネです。
その伝承を残すために、美濃に移った賀茂氏によって、喪山という名が山に付けられました。
アメノワカヒコは文学的に読むと、アヂスキタカヒコネの出雲族の分身ということになります。
喪屋を切り捨てるとは、出雲族との決別を意味したことは既に説明しましたね。

その証拠は『先代旧事本紀』に書かれています。
アヂスキタカヒコネが祀られている高鴨神社の別名が記されていて、「倭国葛上郡高鴨に坐神捨篠社(やまとのくにかつらきのかみこおりたかかもにますかみすてしののやしろ)」というんですね。
神捨篠社ですよ。すごいと思いませんか。神を捨てた篠社と書きます。
出雲族のスサノオの直系を表わす名前の頭の文字が「神」でした。
本来ならカムアヂスキタカヒコネと呼ばれてもおかしくないわけです。
その「神」を捨てたのがアヂスキタカヒコネであるとしたら、神捨篠社の名前の意味もわかってきますね。

だから京都ではタケツノミとして生きているんです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR