ニギハヤヒの後を継ぐ王

ニギハヤヒの墓がある奈良・生駒市の矢田丘陵から大阪・交野市の磐船神社にかけては、ニギハヤヒが天磐船に乗って降臨したイカルガ岳と、都を築いた大倭国鳥見白庭山(やまとのくにとみのしらにわやま)の辺りの地ではないかとみられています。
そしてこのとき、ニギハヤヒが天磐船からこの地を見て「虚空見日本国(そらみつやまとのくに)」と名付けたと、『日本書紀』と『先代旧事本紀』に書かれています。
ニギハヤヒが「日本国」の命名者であったことになりますね。
それは彼が統一大和王朝初代の王であるから、当然と言えば当然ですね。

どうして統一王朝の王になれたかというと、それはそれまで大和地方を支配していたナガスネヒコ一族の王の妹ミカシキヤヒメを正妃に迎え入れたことによって実現したことが、記紀の記述を読むとわかります。
当然、ニギハヤヒが亡くなった後は、ミカシキヤヒメとの間に生まれたウマシマヂが王位を継ぐはずです。
ところがそうはならなかった。
そこにはニギハヤヒによる、ナガスネヒコに対する止むに止まれぬ”裏切り”があったように思うんですね。

というのも、ニギハヤヒは日向族の王族(タカミムスビ)の娘ミホツヒメとも結婚しています。
その子オオヤマクイと賀茂一族の娘から生まれたツミハヤエコトシロヌシも有力な王位継承者になりえたはずです。
なにしろ、オオナムヂとアマテラスとスサノオの直系ですから。

もう一人の王位継承者候補は、アメノカグヤマ(天香山)です。こちらもアマテラスとスサノオ(ニギハヤヒ)、それにオオナムヂの直系であると思われます。ただし天道日女がタカテルヒメである場合ですが。

もし出雲族と日向族の双方が納得のいく統一王朝を作ろうとした場合、誰をどう立てればいいか、という問題に突き当たります。
で、王位継承者候補を比べてみると、ニギハヤヒとナガスネヒコ一族の血しか入っていないウマシマヂでは、日向族が納得できないわけです。
かと言って、いきなりイツセノミコトを王に据えたら、ナガスネヒコ一族が納得しませんね。

ニギハヤヒは悩むわけです。
そもそもニギハヤヒがかつて属していた出雲族では、末子相続が基本で、王となるのは女でも男でもよかったわけです。
そこで、おそらくニギハヤヒはツミハヤエコトシロヌシの娘イスズヒメに白羽の矢を立てました。
彼女が統一王朝の正統な王と考えたわけです。
その婿養子が日向族の王子でした。

ニギハヤヒはその後のことも考えていたと思います。
たとえば、天香山とミカシキヤヒメの娘ウマシホヤヒメを結婚させて、その子孫を統一王朝の王統に入れるとか、あるいはウマシマヂの子孫を王統に入れていけば、アマテラス、スサノオ、アヂスキタカヒコネ、オオトシ、オオナムヂ、ナガスネヒコ一族の血が混ざって、名実ともに統一王朝が生まれると考えたのではないかと思います。
実際、その後の系図を見ると、そうなりました。
ただし、完全に軌道に乗せるには、崇神天皇の時代まで待たなくてはなりませんでしたけどね。
というのも、崇神天皇自身が開化天皇とともに、アマテラス、スサノオ、アヂスキタカヒコネ、オオトシ、オオナムヂ、ナガスネヒコ一族の直系だからです。

しかし、短期的に見れば、日向族の王をいきなり統一王朝の女王の婿に据えることには、ナガスネヒコが異を唱えるのは当然ですね。そこで、日向族王子殺害事件が起きるわけです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR