消息を絶った賀茂別雷神のその後

火雷神ことオオヤマクイと、カモタケツノミの娘タマヨリヒメが結婚して生まれたのが、上賀茂神社のご祭神である賀茂別雷大神です。
すなわちアヂスキタカヒコネを祖神とする賀茂家の血に、「雷」と「火」の血が入った子であることが示唆されているわけです。
ですから、本当は賀茂別火雷大神でも間違いではないことになります。

で、不思議なことに賀茂別雷神は、成人式(元服)の祝宴の後、消息を絶ちます。
どうして消息を絶たなければいけないかは、もう読者の方々はお分かりですよね。
オオヤマクイがスサノオの直系だからです。
アメノワカヒコの喪屋を切り倒して姿を消したアヂスキタカヒコネと同じことが、ここでも起きているんですね。

社伝の神話では、その後、賀茂別雷神は上賀茂神社のご神体山である神山(こうやま)に降臨されて戻ってきたことになっています。
こちらがその神山。

IMGP0157-11_20170328115727e8d.jpg

社殿の奥の山です。

でも賀茂別雷神は元服後、本当はいなくなってはいませんでした。
元服後に名前を変えたんですね。
だから記紀神話では、別の神の名前でちゃんと登場しております。
タケツノミと同様に、スサノオの直系であることがまったくわからないようになっています。
記紀解釈の中でも、おそらく秘伝中の秘伝です。
そのことについて書かれた本も、おそらく世の中に出ておりません。
でも解読の仕方はお教えしましたよね。
記紀を注意深く、かつ正確に読んで、正式な神名とその神の出自を知るために各地の神社を訪ね、取材することです。

このことは、私の次の本には書く予定です。
その時まで今しばらくお待ちください。
と言いながら、実は既にもう答えは過去ブログの中でそれとなく書いていますので、勘の良い方ならわかったはずです。
このクイズの答えは明かしませんが、読み解けるようなヒントは差し上げるつもりです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR