アヂスキタカヒコネとカモタケツノミ

今回の取材旅行では、賀茂一族の神社を中心にお参りしてきました。
京都の上賀茂、下鴨。
大和の高鴨(上鴨)、中鴨、下鴨。

この京都の賀茂(鴨)氏と大和の鴨氏は、元々は一緒に住んでおりました。
で、基本的にご祭神も同じなのですが、それぞれ別々の名前で呼んでおります。

京都では賀茂氏の祖神は八咫烏ことカモタケツノミ(鴨建角身)。
大和では鴨氏の祖神はカモノオオミカミ(迦毛大御神)ことアヂスキタカヒコネです。

だから京都の人にアヂスキタカヒコネの話をしても、誰のことだかわからない、という状態になります。
逆に、大和の人にタケツノミの話をしても、ピント来ないという状態になります。

これはどうしてかというと、自分と瓜二つのアメノワカヒコの喪屋を切り倒したときに、アヂスキタカヒコネが出雲族と決別したからなんですね。
アヂスキタカヒコネと言えば、オオナムヂとタギリヒメの間に生まれた子ですから、出雲族のスサノオと日向族のアマテラスの両方の直系であるわけです。
そのアヂスキタカヒコネが出雲族を見限り、日向族側についたことを示唆しています。
『古事記』ではそれを非常に文学的な表現で、出雲族側に付いたアメノワカヒコの喪屋を切り倒して蹴飛ばしたと語り伝えているわけです。
喪屋を切り倒すなんて尋常ではありませんよね。
それほどの決意であったことを示しているんです。

出雲族(アメノワカヒコ)と決別したアヂスキタカヒコネがその後どうなったかというと、大和の葛木山を拠点にしてアヂスキタカヒコネという本名を保ちつつ、タケツノミ(八咫烏)になったわけです。
その後の活躍は、日向族の神武東遷を助けた八咫烏として記紀に描かれていますね。

『新撰姓氏録』でも、タケツノミは大和の葛木山に降臨した八咫烏のことであると書かれていますから、葛木山の神社(高鴨、中鴨、下鴨)で祖神として崇められているアヂスキタカヒコネはどう考えても八咫烏です。
でも大和では、アヂスキタカヒコネと八咫烏は分けて考えられています。
それでいいんです。
喪屋切りによって、出雲のアヂスキタカヒコネと決別、別人の八咫烏になったからです。
別人となったアヂスキタカヒコネことタケツノミの賀茂一族は、後に京都・山城の地に集団で移り住み、賀茂氏の祖神として下鴨神社のご祭神となっているわけです。

ところで、アヂスキタカヒコネが蹴飛ばした喪屋が落ちたところが、岐阜県・美濃加茂の喪山です。
大和にいた賀茂一族が、後に集団で移住した先が美濃加茂。
きっと、アヂスキタカヒコネの出雲族との決別を象徴する喪屋の話を残すために、地元の山に喪山という名前を付けたんでしょうね。
地名というのは、このように歴史を紐解くヒントを残してくれているわけです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR