隠し味は「うまし」

これまで見てきたように、基本はスサノオの直系であることを何とかして隠すことです。
オオトシを天火明にして日向族の系図に取り入れたのはいいのですが、天火明と結婚した妃の本当の名前を入れてしまっては、オオトシが天火明であるとばれてしまいますよね。だからカグヨヒメ(香用姫)とは書けなかったわけです。
そこで『先代旧事本紀』では天道日女という別名を当てました。
記紀に至っては、アメノカグヤマ(天香山)の母親の名前さえ、記していません。
それだけ隠したかったわけですね。

ところが天香山と大香山が同一人物であることが推定されますから、香用姫と天道日女が同一人物であることがわかり、同時にカグヨから賀夜(香具夜)が導かれ、さらに賀夜奈流美姫から、高照姫が連想されていくわけです。
高照姫も、本名を出してしまうと、スサノオの直系(宗像三女神のタキツヒメの娘)であることがわかってしまいますから、出せなかったんですね。

で、先日、コトシロヌシの母親がタキツヒメであるという説を否定しましたが、もし宗像三女神の末娘タキツヒメが、スサノオの末娘であるスセリビメのことであるとしたら、コトシロヌシの母親がタキツヒメであっても矛盾しないことになるとだけ付け加えておきます。あくまでも可能性の話ですけどね。

スサノオの直系であることを隠すと同時に、記紀編纂者がもう一つ隠さなければならない系図がありました。
それがナガスネヒコ一族の血統です。

昨日のブログで、天香山がミカシキヤヒメ(!)の娘ホヤヒメ(穂屋姫)と結婚したと書きました。
なぜ穂屋姫がミカシキヤヒメの娘であることがわかるかというと、『先代旧事本紀』に天香山は異母妹と結婚したとあるからです。
「異母妹」だけでは、穂屋姫の母親が誰であるかわかりませんよね。
ところが、新潟の弥彦神社に行けば、穂屋姫が誰の娘であるかわかるようになっているんですね。

弥彦神社の主祭神は天香山です。
ところが摂社を見て歩くと、そこに天香山の妃神を祀った神社があることに気がつきます。
妃神の名前は、熱穂屋姫と書いて、ウマシホヤヒメとなっています。
「熱」と書いて「ウマシ」とは、食べ物を火で熱すると美味くなるから「うまし」と読ませるんでしょうか。
それはともかく、ウマシと聞けば、ウマシマヂですよね。
つまりウマシホヤヒメは、ウマシマヂの妹か姉であることが推察されるわけです。
父は天火明ことオオトシ。母はミカシキヤヒメ。
まさに天香山の異母妹になるわけですね。

神社には本名が記されていますが、記紀や本紀で本名を書いたら、ウマシマヂと兄弟関係にあることがバレてしまいますよね。
だからわざと「ウマシ」という文字を外して、穂屋姫と書いたわけです。
このように、神社に行ったら、摂社をお参りすることも非常に大事なことがわかってきます。
神社の摂社にはだれが祀られているか、どうしてその神が祀られているかを見るわけです。
すると、記紀では知りえないような神々の親戚関係や系図がわかってくるんですね。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR