天道日女・香用姫の正体

さて、天道日女と同一人物とみられるカグヨヒメ(香用姫)とは誰なのかという問題が残っていました。
このカグヨヒメが祀られているとみられるのが、飛鳥坐(あすかにいます)神社です。

変わった神社の名前ですよね。、『出雲國造神賀詞』に「賀夜奈流美命ノ御魂ヲ飛鳥ノ神奈備ニ坐テ皇孫命ノ近守神ト貢置」とあることから、大国主神(オオナムヂ)が皇室の近き守護神として、賀夜奈流美命の神霊を飛鳥の神奈備に奉斎した神社であると考えられています。だから「飛鳥にいらっしゃる神の社」と名付けられたわけですね。

おそらくこの謎の女神・賀夜奈流美命がカグヨヒメではないかと私は思っています。
カグヨとカヤで名前が似ているでしょ。
かぐや姫の物語のモデルとなったオオツツキノタリネノミコ(大筒木垂根王)の娘・カグヤ(ヨ)ヒメは加具夜姫と書きますから、十分連想できる名前です。「加」と「具」を足して「賀」にした可能性もありますね。
もちろんオオナムヂの息子であるトリナルミ(鳥鳴海神)ではないかとの説があるのも知っておりますが、「大物主櫛長瓦玉命(おそらくニギハヤヒ)」、「阿遅須伎高孫根乃命」(アヂスキタカヒコネ)、事代主(ツミハヤエコトシロヌシ)とともに皇室を守護する神として描かれていますから、よほどの神様です。
ならば天香山を生んだカグヨヒメが適任者です。
天香山は別名高倉下。神武東遷の際に大活躍しましたね。尾張連の祖です。

そのように偉大な女神であるにもかかわらず、名前が知られていないのは、名前が変えられているからです。
本当の名前はタカテルヒメノオオカミ(高照光姫大神命)。
そう、宗像三女神のタキツヒメとオオナムヂの間に生まれたタカテルヒメです。
『先代旧事本紀』では事代主の同母妹としておりますが、私は異母妹説を採ります。
なにしろ大神ですから、ニギハヤヒやアヂスキタカヒコネ、ツミハヤエコトシロヌシとともに皇室を守護する役目を担ったとしても、不思議ではないわけです。

突飛な説のように思われるかもしれませんが、 『大神分身類社鈔』 によると、加夜奈留美命は高照姫の別名であるとされています。
 
これでようやく、こんがらがった神名の謎が解けてきました。
オオトシと結婚したアメノミチヒメ(天道日女)はどうやら、別名カグヨヒメであり、本名は高照光姫大神であった可能性が強いんですね。
つまりアヂスキタカヒコネと同様に、アマテラス、スサノオ、オオナムヂの直系です。
オオトシがその直系の娘と結婚して生まれたのが、天香山(アメノカグヤマ)と御年神(ミトシノカミ)です。
その天香山は、ミカシキヤヒメ(!)の娘・ホヤヒメ(穂屋姫)と結婚。
その三世孫のヨソタラシヒメは孝昭天皇の后となったわけですね。
4つの王統を引き継いだ凄い血統です。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR