アメノミチヒメの正体

オオトシと結婚したアメノミチヒメ(天道日女)とは誰か、という問題でしたね。

天(アメ、アマ)というからには、日向族の王族の娘であることがわかります。
オオトシは、ミホツヒメ以外にも日向族の王族から姫を娶っていたんでしょうか。
実は『日本書紀』にヒントがあります。オオトシの別名である天火明に天香山(あめのかぐやま)という子供が生まれて、尾張連の祖となったと書かれているんですね。
記紀には、この天香山の母親が誰だか書かれていませんが、『先代旧事本紀』にはちゃんと明記されています。
それがアメノミチヒメなんですね。
日向族なんだから、公に記紀にも記せばいいではないかと思われるかもしれませんが、そうはいかない事情があります。
実はアマテラスとスサノオのハイブリッドである可能性があるからです。
スサノオの直系は隠すのが、記紀のルールでした。

だからアメノミチヒメは、日向族の王族と言えば王族ですが、同時にスサノオの出雲族の王族の娘であるかもしれないんですね。
おそらくこのアメノミチヒメは、『古事記』でオオトシと結婚したと書かれているカグヨヒメ(香用姫)です。
カグヨヒメだから、アメノカグヤマが生まれたわけです。
ということは、『古事記』でオオトシとカグヨヒメの間に生まれたとされているオオカグヤマトオミノカミ(大香山戸臣神)と、『日本書紀』のアメノカグヤマ(天香山)は同一人物ということになりますね。

ここでもう一つのルールが判明しました。
基本的に、日向族の王族は「天」、スサノオの出雲族の王統は「神」、オオトシことニギハヤヒの王統は「大」という名がつけられたのではないかというルールです。つまり日向族から見れば天香山は、出雲族から見れば大香山となるわけです。

では、香用姫って、誰よ、ということになりますよね。
この香用姫の正体を知るには、奈良県にある飛鳥坐神社(あすかにますじんじゃ)に訪れなければなりません。

今日はここまでですが、ご参考までに『先代旧事本紀』には次のように書かれています。
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊は、天道日女命を妃として、天上で天香語山命(あまのかごやまのみこと)をお生みになった。
天降って、御炊屋姫を妃として、宇摩志麻治命をお生みになった。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR