記紀の系図の読み解き方

厳島神社の境内にいる鹿です。

IMGP2644-1.jpg

こちらはシラサギ。

IMGP2645-1.jpg

潮溜まりに取り残された魚を狙っていますね。

さて、天忍骨ことオシホミミや、天火明やイチキシマヒメに見られるように、記紀に記された系図の解読は非常に難しい作業です。
しかしながら、一つのルールのようなものがあることがわかります。
日向族の王統には名前に「天」を付けて、スサノオの出雲族の王統には「神」を付けます。
たとえばカムヤタテヒメなら、名前に「神」が付いていますから、スサノオの直系の娘であることが示唆されるわけです。
この場合はスセリビメですね。
では、スサノオの息子のオオトシが結婚したアメノチカルミヅヒメは誰かと言うと、名前に「天」が付いていますから日向族の王族の娘であることがわかります。

えっ、オオトシって日向族の王族の娘を娶ったの!?
と、驚かれる読者もいるかもしれませんね。
でもちゃんと『日本書紀』に書いてあるんです。
日向族の実質の王であったタカミムスビが、娘のミホツヒメを娶るようにオオモノヌシに迫る場面が明記されているんですね。
オオモノヌシとはオオトシのことであることは『古事記』に「三輪山の神説話」で暗喩的に記されていますから、オオトシが結婚したアメノチカルミヅヒメはもしかしたらこのミホツヒメかもしれないということがわかるようになっているんです。

それでは問題です。
オオトシと結婚したアメノミチヒメとは誰でしょうか。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR