記紀に隠された古代日本の王たちの系図

記紀に隠された”暗号”のような「古代日本の王たちの系図」を読み解くために覚えておくべきことは何か。
実は非常に簡単です。
その系図の秘密を読み解くカギは、スサノオの直系であることがいかに隠されているかを知ることです。
既に一部は『竹内文書の謎を解く2』や『誰も知らない世界の御親国日本』で書きましたが、スサノオの息子であるオオトシは、三輪山の神、オオモノヌシ、櫛玉(奇魂)、ニギハヤヒ、天火明という名前に変えられて、スサノオの直系であることが隠されました。
同じくスサノオの(宗像三女神の)直系であるアヂスキタカヒコネは、喪屋を切り倒して姿を消した後、タケツノミ、八咫烏に名前を変えて再登場します。
オオヤマクイも同じです。オオヤマクイという名前を使うとスサノオの直系であることがバレてしまうからです。
スセリビメはカムヤタテヒメに変えられた上に、実子コトシロヌシがヤエコトシロヌシにすり替わりました。
スサノオはその神名すら変えられています。

ではなぜスサノオの直系を隠さねばならなかったのか。
簡単に言ってしまうと、高天原を追放されるようなことをした「大逆人」だったからです。
大逆人と言っても、あくまでもアマテラスの属する日向族にとって大逆人であったという意味です。
記紀を読むと、おそらく日向族の巫女を手籠めにして、政略結婚によって娶ったアマテラスを激怒させたという理由が高天原追放の理由です。アマテラスの前夫・天忍骨命を殺害した許せぬ仇・敵でもありますから、まあ大逆人と言えば大逆人ですね。
もちろんその背景には、政略結婚によって男の子が生まれなかったということもあります。
生まれたのは女の子ばかりの宗像三女神。
「誓約」で負けたのは果たしてどちらだったのか。

次の本では、こうした古代日本の王たちの系図を可能な限り詳らかにします。
オオヤマクイは何と言う名前の神に変えられたか。
その子の名前は何か。
オオタタネコとは何者か。
これらの謎を解くヒントはすべて、記紀と、神社の由緒や古い社名に書かれています。
今日はちょっとだけ次の本のさわりをご紹介しました。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR