5000年前の古代人の完璧な測量技術45(アメンエムハト3世のピラミッド)

今日は、第12王朝6代目のファラオであるアメンエムハト3世のピラミッドです。

ダハシュールにある屈折ピラミッドから約1・4キロ離れた東に建造されましたが、途中で技術的な問題が発生したので放棄されたと考えられています。
元々の高さは75メートル。
黒ずんだ色から別名「黒いピラミッド」と呼ばれています。
古名は「アメンエムハトは美しい」。

いつものように、地図を見て見ましょう。

img054-11.jpg

番号で言うと、9番の点がアメンエムハト3世のピラミッド(黒いピラミッド)です。
この黒いピラミッドは、既に御紹介したように、屈折ピラミッドと赤いピラミッドの二点と結べば、直角三角形となります。
中央上の方に描かれた直角がそれを表わしています。
また、ネフェレフラー王とペピ2世のピラミッドを結んだ直線と、ジェドカラー・イセシ王とアメンエムハト2世のピラミッドを結んだ直線の交点にあります。
このほか、アメンエムハト1世とセンウセレト1世のピラミッド、それに黒いピラミッドは、ほぼ南北線上(時計回りに0・4~0・5度の傾き)に並んでいます。

アメンエムハト3世の黒いピラミッドの測量もなかなかなのですが、アメンエムハト3世はもう一基、遠く離れたハワラにもピラミッドを建造しています。
そしてそのハワラのピラミッドが、世界の測量史上において、最高傑作とも言えるピラミッドとなるんですね。
それは次のブログで説明しましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR