5000年前の古代人の完璧な測量技術43(センウセレト2世のピラミッド)

今日は、第12王朝4代目のファラオであるセンウセレト2世のピラミッドです。
当時灌漑工事が進められた地の近くであるエル・ラフンに建造されました。
地図で見ればわかるように、ちょっと他のピラミッド群からは離れています。
元々の高さは48・6メートルで、古名は「センウセレトが出現せり」です。

img051-11.jpg

上の地図の中央一番下にある点(11)がセンウセレト2世のピラミッドです。
全部で下に記した五本の直線の交点にあります。

1) ジェドカラー・イセシ王、イビ王、赤いピラミッドの三つのピラミッドを結んだ直線。
2) ペピィ1世とペピィ2世のピラミッドを結んだ直線。
3) サフラー王、ネフェルイルカラー王、ネフェレフラー王を結んだ直線。
4) 屈折ピラミッドと小山群3を結んだ直線。
5) アメンエムハト2世のピラミッドと小山群2を結んだ直線。

3)を別の地図で見てみましょう。

img052-11.jpg

サフラー王(1)とネフェルイルカラー王(2)のピラミッドの中心を結んだ直線が、ネフェレフラー王のピラミッド(3)の北東角を通って、センウセレト2世のピラミッドに至ることを示しています。
ちなみに線上にない(4)のピラミッドは、ニウセルラー王のピラミッドです。
非常にわかりやすい地図です。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR