5000年前の古代人の完璧な測量技術37(第六王朝のピラミッド)

南サッカラに建造された第六王朝の残りのピラミッドの配置を説明しましょう。

まずペピィ一世のピラミッド。

img043-11.jpg

第二ピラミッドとカーバー王のピラミッドを結んだ直線と、メイドゥームのピラミッドとテティ王のピラミッドを結んだ直線の交点にあります。かつウセルカフ王のピラミッドの真南に造られました。

続いて、メルエンラー王のピラミッド。

img044-11.jpg

シェプセスカフ王のピラミッドとウナス王のピラミッドを結んだ直線と、サフラー王とニウセルラー王のピラミッドを結んだ直線の交点にあります。かつ、そのサフラー王とニウセルラー王のピラミッドを結んだ直線は、シェプセスカフ王のピラミッドとグレート・エンクロージャー(大囲い)の東辺とネフェルイルカラー王のピラミッドの三点を結んだ直線と平行になります。

最後はぺぺぃ2世のピラミッドです。

img045-11.jpg

ギザの大ピラミッドとカーバー王のピラミッドを結んだ直線と、赤いピラミッドとテティ王のピラミッドを結んだ直線、ウセルカフ王のピラミッドとメルエンラー王のピラミッドを結んだ直線、それに階段ピラミッドと屈折ピラミッドを結んだ直線の計4本の直線の交点にあります。しかも大ピラミッドからの距離は、大ピラミッドとカーバー王のピラミッドを結んだ直線の三倍となるように計算して位置が決められました。

いやはや、凄い測量をしていますね。
しかしながら、この後、第6王朝が崩壊すると、混乱時代に突入。ピラミッドの建造は一時休止されます。
次にピラミッドが登場するのは、第八王朝とされています。
次回はこの第八王朝のピラミッドを紹介しましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR