5000年前の古代人の完璧な測量技術36(テティ王のピラミッド)

これから取り上げる第6王朝の4基のピラミッドの概略を先に説明しておきましょう。
番号は第一号基のジョセル王のピラミッドから数えた順番を表わしています。
テティ王のピラミッドは第19号基に相当するわけです。

(19)テティ王のピラミッド:第6王朝初代ファラオであるテティ王のピラミッド。内部の玄室には「ピラミッド・テキスト」が刻まれている。元々の高さは52・5メートル。古名は「テティの座は永遠なり」。所在地はサッカラ。
(20)ペピィ1世のピラミッド:第6王朝第3代ファラオであるペピ1世のピラミッド。周囲には10基の衛星ピラミッドが配置され、そのうちのいくつかには「ピラミッド・テキスト」が刻まれていた。元々の高さは52・5メートル。古名は「ぺピの美しさは永遠なれ」。所在地は南サッカラ。
(21)メルエンラー1世のピラミッド:第6王朝の4代目ファラオであるメルエンラー1世のピラミッド。父であるペピ1世とジェドカラー・イセシ王のピラミッドからほぼ等距離(約500メートル)の位置に建造された。元々の高さは52・5メートル。古名は「メンエンラーの美が出現せり」。所在地は南サッカラ。
(22)ペピ2世のピラミッド:第6王朝のファラオであるペピ2世のピラミッド。階段ピラミッドと屈折ピラミッドを結んだ直線上に建造された。元々の高さは52・5メートル。古名は「ペピの名声は確立し、生き続ける」。所在地は南サッカラ。

テティ王のサッカラ以外はすべて南サッカラに造られていますね。
ではグーグルアースの地図を使って説明しましょう。
テティ王のピラミッドです。

img042-11.jpg

既に説明したように、大ピラミッドとスフィンクスを結んだ直線上にあります。
同時にギザ台地の第三ピラミッドとネフェルイルカラー王のピラミッドを結んだ直線上にあり、ジェドカラー・イセシ王のピラミッドのほぼ真北に位置しています。

次回は他の三基のピラミッドを一気に説明しましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR