四国取材記17(介良事件)

四万十川を越えて、ひたすら東へと走ると、高知市に出ます。
で、高知市の東部には、甲府事件と並び、日本の二大UFO事件とされる介良事件が起きた介良地区があります。

たまたま四国に出かける前に、この事件のことを思い出したので、立ち寄ることにしました。

第一発見現場とされる、介良中学の西にある田んぼです。

IMGP2377-1.jpg

何の変哲もない田んぼの風景ですね。

IMGP2378-1.jpg

1972年8月25日から9月下旬にかけて、この田んぼの周辺で複数の中学生によって小型のUFOが頻繁に目撃され、両手に乗るほどのサイズの小型UFOが複数回捕獲されました。で、捕獲されるたびにUFOは逃げて、消えてしまったという奇妙な事件です。
しかもその小型UFOには、青海波のような模様が刻まれていたというんですね。
真偽のほどはわからず、現在でも謎のままです。

で、私が気になったのは、現場から見えたこちらの山。

IMGP2381-1.jpg

鉢伏山(標高213メートル)です。
文字通り鉢を伏せたような山ですね。
いかにもUFOが出てきそうな山です。

しかし、その後、介良に関しては面白いシンクロニシティがありました。
9月9日に瀬戸さんのコンサートを楽しんだ後、有志8人で吉祥寺の飲食店で食事会を開いたのですが、そのうちの一人が、何と私たちが介良に行った一日前に介良に行っていたことがわかったんですね。
たった一日違いのニアミスでした。
こんなこともあるんですね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR