四国取材記13(踵返し)

こちらが千畳敷石に架けられている梯子です。

IMGP2280-1.jpg

梯子にたどり着くまでに、鋭角な屋根のような岩の上を渡らなければならず、ちょっと危険なわけです。
で、この後、別の巨石群を見るために、さらに奥へ進みます。

IMGP2283-1.jpg

ほかにもたくさん巨石があり、写真を撮りまくったのですが、いかんせん晴れていないので、それほどいい写真は撮影できません。
でも一応全部の巨石の写真を撮ったので、次の目的地である足摺温泉のホテルへ向かうことにしました。
宿泊先ホテルまでは車で15分ほどです。

そして山を下り、ホテルに向かっている途中、何と空に晴れ間が見えてきたんですね。
あの大雨でどんよりとしていた空に青空が見えます。
これには、驚きました。
ホテルまであと五分ぐらいのところまで来ていましたが、唐人駄場遺跡へ踵(きびす)を返します。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR