四国取材記11(唐人石巨石群)

そのころには雨が完全に止んだので、先ほど雨とマムシのせいにして行かなかった唐人石巨石群を見に行くことにしました。

マムシや滑りやすい足場に注意しながら、恐る恐る唐人石巨石群がある山の細い山道を登って行きます。

最初に見えてきたのは、こちらの磐座(イワクラ)。

IMGP2258-1.jpg

見上げなければならないほどの巨石です。
案内板も立っています。

IMGP2259-1.jpg

「唐人」とは、「光り輝く神の居場所」であると書かれています。私はてっきり「唐人」とは唐の人とか外国人という意味かとばかり思っていました。どうして、そのような意味になるのか、今度調べてみます。

別の角度からこの磐座を撮影。

IMGP2263-1.jpg

ずっしりとした存在感があります。
さらに矢印に従って歩いていくと・・・

IMGP2264-1.jpg

巨大な棒状の巨石が現れました。
で、近くの案内板を見ると・・・

IMGP2268-1.jpg

まだまだ先に変わった形の巨石が林立しているようです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR