アイルランド見聞録70(ダブリンで夕食を)

キルデアー・ヴィレッジの後は、レンタカーを返しにダブリン空港へと向かいました。
既に紹介したように、今回の走行距離は2500キロ。イギリスの4000~5000キロに比べると、大人しい取材旅行と言えます。
車を返した後は、空港からタクシーでダブリン市内へ。
ホテルを探し出して無事にチェックイン。 
都心の繁華街テンプルバーの側にあるホテルで、今回はそのホテルには二泊します。

部屋で少しのんびりした後、外に出て街中を散策。
この日はあまり遠出しないで、近くのパブでサッカーのユーロカップを見ながら、夕食を済ませます。

翌13日は丸一日フリータイムです。
雨が降ったりやんだりの天気で、最初はデパート街でショッピングをします。
その後メインストリートを散策。

IMGP1332-1.jpg

緑が国のカラーですから、マクドナルドも赤ではなく緑です。
そしてこちらも。

IMGP1334-1.jpg

郵便ポストもグリーンなんですね。
そうこうしているうちに、すっかり晴れました。

IMGP1335-1.jpg

サッカーのユーロカップにアイルランドが出場していることや、イースター蜂起100周年ということもあり、何かお祀り気分が続いている感じです。

IMGP1337-1.jpg

そしてこちらがリフィー川。

IMGP1339-1.jpg

1981年6月にウェールズから船に乗って、初めてアイルランドの地を踏んだ時も、リフィー川の対岸に並ぶカラフルな家並みを見ていたことを鮮明に覚えています。あの時は一カ月アイルランドに滞在。来る日も来る日も雨で、晴れたのはわずか3日だけでした。
今回はその逆で、激しく雨が降ったのは2、3日で、あとはおおむね良い天気でした。

この日の晩は、ミュージカル『ティファニーで朝食を』を観劇。
トルーマン・カポーティの同名小説のミュージカル版です。
1961年のオードリー・ヘップバーン主演の映画でも有名ですね。
主人公を演じたピクシー・ロットはロンドン出身の歌手。
ヘップバーンとは違った、ちょっと小悪魔的な妖艶さを持った女優さんでした。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR