アイルランド見聞録39(ドン・エンガス)

2000年前(最近の説では最初に建設が始まったのは紀元前1100年だと考えられているようです)に造られたとみられる半円形の古代遺跡ドン・エンガスは、島の中央からやや西寄りにあるキルマーヴィー村から歩いて20分ほどの崖の上にあります。

行きは登り道。
次第に遠くまで見渡せるようになります。

IMGP0677-1.jpg

この日はちょっと雲が多かったですが、その後快晴になります。
丘を登っていく途中、フランス人観光客とフランス語でお話し。
久しぶりにフランス語を話しました。
その人はロワール地方から来ている年配の御夫婦で、翌日は同じフェリーの待合室で再会しました。

ドン・エンガスが見えてきました。

IMGP0678-11.jpg

半円形の石の砦です。
なぜ半円形かというと、崖に接しているので、円にする必要がなかったからだと思われます。

その半円形の石壁の内側には、崖に接して「石舞台」のような構造物があります。

IMGP0684-11.jpg

この舞台の上で、何か儀式をやったのでしょうか。

崖と石の壁との関係はこうなっています。

IMGP0705-11.jpg

なるべく崖の縁まで近づいて撮影。

IMGP0706-1.jpg

高さ100メートルの崖からの風景です。
(続く)


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR