アイルランド見聞録32(キャロウモア巨石群)

キャロウモアは、古代巨石遺構の「見本市」のようなところで、非常に規模が大きく、いろいろな様式の巨石構造物が集まっています。
羨道墳、ケルン、ドルメン、立石、ストーンサークルがごろごろあるんですね。
元々(5000~6000年前)は100を超える巨石遺構があったとみられています。
19世紀には60を超える巨石遺構が残っていましたが、現存するのは約30です。

その中でも保存状態がいいのが、牧場の中にある、ストーンサークルとドルメンの複合遺跡です。

IMGP0493-1.jpg

ストーンサークルの真ん中にドルメンが建造されています。
遠くに見えるのは、ノックナレアとマイーヴの墓ですね。

で、こちらはそのナックナレアと牧場の馬のツーショット。

IMGP0505-1.jpg

次は牧場の馬とベンブルベン。

IMGP0507-1.jpg

左の馬の鼻先奥にあるのがベンブルベンです。

さらには羨道墳(奥)とドルメンのツーショット。

IMGP0510-1.jpg

奥に見える山も測量に使われたのだと思われます。

別のストーンサークル。
IMGP0512-1.jpg

林の間にはノックナレアとマイーヴの墓が見えています。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR