アイルランド見聞録25(ドラムスキニーのストーンサークル)

いただいた地図の巨石遺構探しはこれぐらいにして、次に再び北アイルランドに入り、ドラムスキニーという町を目指します。
途中、景色のいいところで写真を撮りながら・・・・

IMGP0270-1.jpg

ドネゴールを通り越して、北アイルランドのドラムスキニーの近くまでやって来ます。
ドラムスキニーの町の外れに教会があるのですが、その反対側の牧草地に三本の立石を見つけたので、車を止めて撮影。

IMGP0282-1.jpg

列石ですね。後で調べたらMontiaghroe(モンティアグロー)の列石と書かれていました。
この場所からドラムスキニーのストーンサークルまでは3キロほどです。

ドラムスキニーのストーンサークルに到着。

IMGP0297-1.jpg

手前の石で囲まれた土盛がケアン(石塚)で、その向こうに直径約13メートルのストーンサークルがあります。
そしてちょっと変わっているのが、ストーンサークルの右側の列石です。

列石だけをアップにしてみましょう。

IMGP0289-1_201607281315395b8.jpg

小さい石ですが、一直線に並べられていますね。
直線の長さは15メートルあります。
衛星写真で見ると、ほぼ南北線上に並んでいるように見えます。

次の写真は、ストーンサークルの石のアップ。

IMGP0293-1.jpg

人影みたいに見えますね。
ストーンサークルと石塚が作る中心軸の傾きを見ると、冬至の日の出か夏至の日の入りと関係がありそうな並びになっておりました。
やはり天体の動き(あるいは季節)と密接に関連した儀式のようなことが執り行われていたのではないでしょうか。
今から4300年ほど前に造られたのではないかとみられています。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR