5000年前の古代人の完璧な測量技術7(ブレント・トールとハーラーズ・ストーンサークル)

聖マイケルラインは5000年前の古代ブリトン人が作ったものですが、その後3000~4000年以上経って、キリスト教がブリテン諸島に流入すると、そのライン上の拠点に聖マイケル教会や礼拝堂を建造して再利用したことは既に述べました。
その再利用の記録は残っていて、特にビーコン(のろし台)として使われたのが、ブレント・トールです。
前にも書きましたが、尖がった帽子のような山なので、10キロ以上離れた場所からでも、こんなにはっきりと見えます。

IMGP2977-1_20160516165300db0.jpg

写真一番奥の単独峰がブレント・トールですね。
麓まで行くと、このように見えます。

IMGP2971-11.jpg

ローチ・ロックからの距離が3K、バロー・マンプからの距離が6K、ワウルズ・バンクまでの距離は17Kです。
Kはバローマンプとグラストンベリー・トール間の距離17・3キロですから、当然、グラストンベリー・トールまでの距離は7Kになりますね。

次の写真も、同じライン上にあるハーラーズ・ストーンサークルです。

DSC_0294-22.jpg

三つのストーンサークルと、2本の立石(門柱石)などから成っています。
その門柱石から見えるのが、「チーズリング」という名の奇岩が山頂付近にある岩山(下の写真の中央奥の山)。

DSC_0288-11.jpg

門柱石の中央に見えることからもわかるように、この岩山とハーラーズ・ストーンサークルは密接に結び付いた複合施設です。
というのも、この岩山はこの地域で一番目立つ山だからですね。

その岩山のチーズリングから見た風景がこちら。

IMGP2938-1.jpg

ブレント・トールに勝るとも劣らない、測量山であったことは明白ですね。
このような測量点によって、ラインは築かれたわけです。
ちなみにハーラーズ・ストーンサークルは、セント・マイケルズ・マウントから5K、エイヴベリーの大ヘンジから12K、ワンドゥルベリー・リングから22Kの距離にあります。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR