皆神山とゴジラの運命

小布施から、その日の宿泊先である松代へ。

いつものように「世界の中心」とされる皆神山と対面します。
すると、奇妙な形の雲が出ていることに気が付きます。
それが次の写真。

IMGP9591-11.jpg

ゴジラのような雲が皆神山を襲っているように見えませんか?
あるいは、ゴジラが皆神山に「お手」をしているのかもしれませんが(笑)。

どちらにせよ、この写真は、シンボルとしては非常に示唆に富んでいます。
皆神山はあの松代地震の震源地の上にそびえる聖なる山で、ゴジラは放射能によって生まれた怪獣です。
つまり原発と地震、そして人類の未来を表わすシンボルと見なすことができるんですね。
で、この日は4月13日。14日夜の熊本の大地震が始まる一日前に撮影された写真です。
しかも、全国で唯一再稼働されている川内原発のすぐ近くで大地震が起きたわけですね。
これはただの偶然の一致ではない、と私は見ます。
まあ、どのようにも解釈できますが、福島だけでは教訓が足りないと言うほど人間が愚かであるのなら、ゴジラが皆神山を破壊するようなことも起きるのかなと思っています。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR