マルタのシンボル最終回

マルタのシンボルの続きです。

タルシーン神殿で見つかった「太った女性像」。

DSC_0576-22.jpg


上半身は欠けていますが、一体どのような姿の女性だったのでしょうか。
いずれにしても「太った女性」は、豊穣のシンボルと見られていますね。

次も、まるでお相撲さんのようにふくよかな女性像です。

DSC_0625-2.jpg

で、最後は再び時代は下ってマルタ騎士団の時代。
先に紹介した監視塔には、「目」と「耳」のほかに、シンボルとして「鳥」も描かれています。

DSC_0762-1.jpg

鷹の足のように鋭い爪を持っていますが、「マルタの鷹」ではなく、「マルタの鶴」もしくは「マルタのアオサギ」のようです。
いずれにしても、鳥は俯瞰のシンボルですね。「目」は南で情熱の火。「耳」は北で集中の滝を表します。そして「鳥」は西でコミュニケーションの湖。
つまり「目」で厳しく見張り、「耳」で集中して探し、それを俯瞰的に知っていち早く知らせる、というシンボルになるわけです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR