キルマーティン渓谷の岩絵

スコットランド西部にあるキルマーティン渓谷には、古代のシンボルが刻まれた巨石群をいたるところに見ることができます。

まずは最もシンプルなカップとリングマーク。

DSC_0177-1.jpg

ゲール語なので何と発音するのかよくわからないのですが、Baluachraig(バルアックレイグ?)の岩に刻まれたマークです。
約5000年前の作品であるとみられています。
丸い窪み状に彫られたものがカップマークで、中央のカップマークの外側に彫られた輪がリングマークと呼ばれています。
上の写真のカップマークの配列は北斗七星に似ています。

リングマークには同心円のものと、渦巻き状に近いマークも見られます。

DSC_0179-1_20160206102950d18.jpg

上の写真のリングマークは二重の同心円でしょうか、それとも渦巻き型?
ちょっと長年の年月が経って薄くなっているので、わかりずらいですね。

こうしたシンプルなカップマークとリングマークを見ても、その配置には意味が込められていたと考えられます。
一つの見方は星座ですが、もう一つの見方は家族間(家系)や家族の中の人間関係を表した系図のようなものであると見ることもできますね。

次はキルマーティン渓谷にあるもっと複雑な岩絵のシンボルを見てみましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR