ボナン公園内にある遺跡群散策

キラーニーを後にして、さらにアイルランドを南下して行きます。
途中立ち寄ったのは、ボナン公園にある遺跡群です。
小雨の中、公園の中にある、このような遊歩道を歩いて行きました。

Ireland 1672-1

最初に見つけたのは、ドロマゴティーン・ストーンサークル。
大きな「石の標識」が立っているので、見逃すことはありません。

Ireland 1674-1

5000年前~4000年前の遺跡だと考えられています。
中央の石から見て、夏至や冬至の太陽、それに月の運行を観測していたとみられます。

次は、BULLAUN(洗面器、たらい)と名付けられた巨石。

Ireland 1684-1

ご覧のように、岩の側面に水が溜まるような穴があけられています。
側面にあるのは珍しく、冬至の太陽の方角を示しているのではないか、とみられています。
日本の「天の真名井」に似ていますね。

お次は立石。

Ireland 1691-1

ちょっと傾いていますが、存在感があり、ちゃんと「標識」の役割を果たしていますね。もちろん、これも天体観測用であった可能性があります。

最後はリング・フォート。環状の要塞ですね。
写真では全体像がわかりずらいかったので、案内板の絵をご覧ください。

Ireland 1694-1

このように歩くだけなら30分ほどのウォーキングコースですが、五種類の遺跡を見学することができるので面白かったです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR