ケルト人が使ったオガム文字の碑

時代はずっと下って5世紀。
アイルランドにキリスト教が入り込んできた時期に、ケルト人が文字文明に対応するために独自に作ったとされるオガム文字をご紹介しましょう。

こちらがそのオガム文字が刻まれた石柱です。

Ireland 1578-1

何やらいろいろな線が刻まれています。

別の石柱の側面を撮影します。

Ireland 1580-1

表の面だけでなく側面にもオガム文字が彫られていますね。
もうちょっと近づいて文字を拡大して見ましょう。

Ireland 1581-1

ただの線に見えますが、実はアルファベットに対応しています。
オガム文字を解説した案内板がありました。

Ireland 1577-1

たとえば、アルファベットとオガム文字には次の関係があります。

Ireland 1577-22

オガム文字は、「誰々の息子誰々」といった意味の墓碑名に使われる場合が多いそうです。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR