ニギハヤヒにスサノオの神器が渡った理由についての考察

さて、出雲国(葦原中国)の正統な王位継承者はスサノオの末子のスセリビメであるはずなのに、なぜスサノオの四男の大年が神器を持っていたのかという問題があります。おかしいですよね。本当だったら、スセリビメに渡るはずの神器です。

その前になぜ大年に神器が渡ったことがわかるのか、という話をしなければなりません。
理由の一つ目は、さすがの記紀編纂者もそれだけは認めざるを得なかったらしく、ちゃんとニギハヤヒが神器「十種神宝」を持っていたと明記していることです。
二つ目はニギハヤヒの正式名称が天照国照彦天火明櫛玉饒速日命となっていることです。天照、国照という祭祀王の称号だけでなく、「櫛」「玉」「火」などの神器が渡っていることがすぐにわかる名前になっています。

なぜ大年がニギハヤヒと同一人物であるかは既に説明しましたが、『古事記』に御諸山(三輪山)の神である大物主が大年であることが明確にわかるように書かれているからですね。当時、大和地方の王になった人物と言えば、ニギハヤヒしかいませんから、大物主はニギハヤヒであることがわかるわけです。

ではなぜ神器が渡ったのか。
私は何か大きな理由があるのだと思って、正統竹内家の口伝継承者である竹内氏に聞いてみました。
すると答えは「スサノオと大年の間で大げんかがあったからだ」というものでした。

これが本当だとすると、親子喧嘩の果てに大年が神器を持って大和地方に”家出”してしまったことになりますね。親子で袂を分ったわけです。何とも複雑なスサノオ家の実情です。大年が持って行ってしまったから、正統な王位継承者であったスセリビメには神器がなかったことになります。

しかし、いつ神器が大年の手に渡ったかについては、次のようなケースも考えられます。
大年ことニギハヤヒは一度、スセリビメの婿養子である大国主ことオオナムヂを助けたことがあるんですね。ナガスネヒコ軍に追い詰められたナムヂを窮地から救ったのが大年でした。ナムヂを補佐していたスサノオの兄とみられるスクナヒコナは、どうやらナガスネヒコとの戦闘で命を失ったようです。で、大年はナムヂを助ける条件として三輪山に祝い祀ることを挙げています。「三輪山に祝い祀る」とは、ナムヂが神器を大年に渡した上に、大年を正式に大和の王と認め、従えということだったのかもしれませんね。

このことを知っていると、『古事記』の出雲神話がよく理解できるようになります。今の話を念頭に置いて、もう一度よく『古事記』を読んでみてください。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR