金生遺跡とタカミムスビ

今日紹介するのは、山梨県北杜市大泉町にある金生(きんせい)遺跡。
昨日紹介した大日留(女)石からそれほど離れていない場所にある縄文時代後期の遺跡です。

IMGP7850-1.jpg

独特の配石遺構と住居跡が見つかっています。

IMGP7851-1.jpg

復元された住居跡が右に、配石遺構が左に写っています。
住居群と配石遺構のある祭祀場は、写真のように分けられていたとみられます。

で、こちらが配石遺構のある祭祀場址。

IMGP7856-1.jpg

いわゆる「男根」を模したとみられる石棒もあります。

IMGP7857-1.jpg

そして遠くには八ヶ岳。

IMGP7861-1.jpg

八ヶ岳がくっきりと見える高台に位置しています。
これもタカミムスビの法則に則っていますね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR