天の岩戸神話に隠された三つの物語(その9:古代王朝と記紀神話)

ちょっとここで論点を整理しておきましょう。
飛騨の位山と、信州の皆神山、戸隠山が結びつく根拠は次の通りです。

まずは、どちらにも天の岩戸伝説が残っていること。位山には水無神社の奥宮ともいえる「天の岩戸」という巨石群があり、皆神山の中腹には岩戸神社が鎮座し、戸隠山の戸隠神社には天の岩戸伝説が残っています。

次に戸隠神社にも、皆神神社にも鶏を使った神事や神楽が残り、実際に例祭などで奉納されています。これを補強するかのように、一神会の浅見氏が「神通力」によって、オモイカネが岩戸隠れしたアマテラスを探すために位山山頂で「鶏占い」を執行し、「皆神山の先の山(戸隠山)」に隠れていることを言い当てた出来事があったのだと主張していますね。

もう一つの根拠が、水無神社の例祭で神輿が山頂に運ばれ一時的に安置される御旅山の参道である、明らかに加工された「滑走路」の方位角が皆神山と戸隠山を指し示している、というわけです。

そしてもう一つ付け加えるなら、皆神神社の神官の家系の方の証言です。神官の家には代々、神々が位山に霊体として降臨し、皆神山で物質界や人類を創造したという話が伝わっているというんですね。正統竹内文書の口伝でも、位山で神を降ろす神事を行うことが、神主に取っての最高の神事であることになっています。「竹内文書」でも、位山三山の一つ船山に天神霊(天神第五代の時代)が降りて来ています。そして皆神山は、大本の出口王仁三郎によると「世界の中心」であり、先の大戦の終盤では、わざわざ天皇家が皆神山のそばに引っ越すことを考えていたわけです。

神州の皆神山・戸隠山と、飛騨の位山は間違いなく深い関連があり、連動していると私は見ます。
だから皆神山ばかりに行っていた私も、位山に呼び出され、「参拝(ご報告)」をしなければいけなくなったとも考えられますね。

おそらく浅見氏が主張しているように、太陽神と関係する巫女か祭祀王がいなくなる出来事があり、そのとき戸隠山に隠れていることが鶏を使った神事によって判明した、というような物語が実際にあったのではないでしょうか。これがもう一つの岩戸隠れの物語です。あるいは、皆神神社の神官の家に伝わっているように、神々が霊体として位山に降臨し、皆神山で物質界を造ったとする物語が天の岩戸神話の中に隠されているのかもしれません。

そして、ここでは書きませんでしたが、富士王朝に伝わる天岩戸神話もあります。お知りになりたい方は、『正統竹内文書口伝の「秘儀・伝承」をついに大公開!』の131ページのコラムをお読みください。

このように少なくとも3つの天の岩戸物語が、『古事記』の天岩戸神話の中に隠されているのだと私は考えています。
飛騨・信州王朝、富士王朝、日向王朝のそれぞれに、天の岩戸神話があり、それをギリシャ神話とダブらせながら一つの物語に取り込んだのが、記紀の岩戸隠れ神話です。

その理由はわかりますよね。すべての古代王朝の系図を天皇家につなげ、天皇家に正統性を持たせるためです。もちろん他にも理由があったことでしょう。でも、記紀編集者の一番の狙いはそこにあるように思われます。

今日の写真は、位山の山頂付近にある天の岩戸です。

DSC_0197-1_201511271148188f6.jpg

次回は位山三山の一つである船山の話をしましょう。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR