北海道唯一の国宝、名付けて「ジャガマン」

昨日紹介した函館市縄文文化交流センターの中で、ほかにも重要な出土品を三点だけ(一つはレプリカ)紹介しておきましょう。

まずは漆塗りの土器です。

IMGP7231-1.jpg

これはレプリカで、時代も縄文時代後期のものですが、この赤漆塗り注口土器が出土した垣ノ島遺跡からは、世界最古(約9000年前)の漆工芸品も見つかっています。まさに漆製品のメッカみたいなところだったんですね。

そしてこちらも興味深い、足形付き土版。

IMGP7248-1.jpg

縄文時代早期後半(約6500年前)のものです。
大湯環状列石から出土した、1~6の数を刻んだ「計算器土版」を彷彿とさせます。
土をこね、そこに模様を掘り込む技術は、シュメル文明につながるものがあります。
こちらのほうがシュメル文明よりも古いところが凄いです。

もう一点は、北海道唯一の国宝に指定された中空土偶。

IMGP7256-1.jpg

古代版の「ウルトラマン」みたいです。完成度が高いですね。
垣ノ島遺跡の近くの北海道旧南茅部町(現在の函館市尾札部町)のジャガイモ畑で発見されました。
名付けて「ジャガマン」・・・・・・私が勝手に名付けました。本当は女性なので「ジャガ子さん」?
縄文時代後期(約3200年前)の土偶です。

次回は北海道から離れて、山梨・長野両県の縄文遺跡をご紹介しましょう。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR