天気の神様の粋な計らい

2泊3日で長野に取材を行っておりましたので、ブログは今日までお休みしておりました。
長野に行くことは以前から決まっていたのですが、ご存知のように秋雨前線の停滞により、天気予報は降水確率60%以上の雨マーク続き。旅行前は正直、「ああ、雨の中で写真撮影や取材をしなければならないのか」と、不安に思っておりました。
でも、「必ず晴れる」という声が聞こえてきます。
私は「嘘でしょ、この天気予報で晴れることはありえない」「まあ、雨が止む瞬間はあると思うけど」などとつぶやきます。

ところが、天気に関して言えば、まったくの杞憂に終わりました。
確かに雨は降っていました。ところが長野市のホテルにチェックインするや否や、天気はみるみる回復し、快晴の青空がのぞきます。しかも見事な虹まで出てきます。
写真撮影は無事終了。
夕食の時間までまだ間があったので、現地の神社にお参りします。そしてお参りが終わり、車に乗り込むと、雨が降り出すという具合。取材していた二時間だけが快晴でした。

その日の夜も翌日の天気予報をチェックします。するとやはり60%の確率で雨。
「ああ、明日こそ、雨の中の取材か」と考えていると、またまた「大丈夫だから」との声が。

まさかと思いつつも、翌日取材先の神社に出向くと、再び快晴になります。しかも、まるで真夏が戻って来たかのような日差しです。
あの天気予報でこの快晴はありえないと驚くばかり。

その日の夕方には、かつて見たこともないような、強烈な彩雲を目撃することもできました。

彩雲こそ、運転中だったため写真撮影ができませんでしたが、その他の写真は後日、このブログでもお見せいたしましょう。

とにかく、何かたくさんの贈り物をいただいたような気持ちです。
天気の神様の計らいに、ひたすら深謝!

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR