コブ付きの継母を正妃にした天皇の「世紀の恋」

なぜ崇神が倭迹迹日百襲姫の男弟と「魏志倭人伝」に記されたのかーー。そのカギを握るのは、第8代孝元天皇の皇女である倭迹迹姫の存在だと口伝継承者の竹内氏は言います。

ただし竹内氏によると、倭迹迹姫は第九代祭祀王になったわけではないのだそうです。祭祀王(祭主)とは別に天照大御神を祭る伊勢神宮祭主を務めていたといいます。つまり、倭迹迹日百襲姫と倭迹迹姫は同時代に巫女として活躍していたので、「魏志倭人伝」の編者が同一視してしまったというんですね。確かに、本居宣長ですら同一人物論を展開するほどですから、無理もないと言えば無理もないことです。

ちなみに第九代祭祀王になったのは、第九代開化天皇の異母弟である彦太忍信(ひこふつおしのまこと、倭迹迹姫の兄か弟)でした。第九代祭祀王以降は、この子孫が祭主を務めるようになり、彦太忍信の子である第十代祭祀王の屋主忍信(やぬしおしのまこと)から越中に皇祖之霊皇大神宮を建てて独立したようです。というのも、この時代に顕斎用に伊勢神宮、幽斎と顕斎用に越中の皇祖之霊皇大神宮をそれぞれ使うような祭祀形態をとるようになったからだといいます。で、後者の家系から後の武内宿禰が誕生するわけです。

しかし、それでもまだ矛盾があるんですね。倭迹迹姫が開化天皇の妹であるということは、崇神の叔母になってしまうからです。大叔母よりはましですが、叔母では姉弟関係にはなりませんよね。

ところがです。ここにも系図改竄マジックが働いているのだと竹内氏は言います。確かに記紀が伝える、第八代孝元天皇から第十代崇神天皇にかけての系図は、結構きわどくて怪しいんですね。問題は、開化天皇が父孝元の妻であったイカシコメを正妃として娶ったことにあります。つまり継母を正式な妃にしたわけです。イカシコメとは、既に紹介したようにニギハヤヒとミカシキヤシマの政略結婚で誕生した物部氏の血統、すなわちナガスネヒコ一族の血が流れる家系の出です。

同じような構図がありましたね。そうタギシミミの反逆のときです。タギシミミは父神武の側室であったイスケユリヒメを妻にして反逆を企てたことになっています。継母を娶ると、ろくなことはないーーという教訓がそこにはあったはずです。しかも記紀によると、既に父孝元はイカシコメとの間に子供(第九代祭祀王・彦太忍信)すら儲けていたんです。ということは、開化はコブ付きの継母と結婚したことになりますね。

ちょっと複雑な親子関係でしょ。というか、父親が死んですぐに継母を正妃にしてしまっては、次に生まれてくる子がどっちの子かわからなくなってしまうという問題を孕んでいたんですね。そこで生まれたのが崇神であった可能性があるわけです(もちろん開化とイカシコメが結婚した時には既に崇神が生まれていた可能性もあります)。

えっ、崇神ってどっちの子よ、孝元なの、それとも開化?

仮に孝元の子であれば、倭迹迹姫と崇神は姉と弟の関係になるわけです。倭迹迹姫を倭迹迹日百襲姫と勘違いして同一視したのならば、「魏志倭人伝」の記述通り、崇神は「卑弥呼の弟」になりますよね。

こうなることを恐れて開化天皇を諌めた臣下がいたと『ホツマツタヱ』は伝えています。開化が父孝元の妃を正妃に迎え入れたことに対して、大臣の一人であったオオミケヌシが、天照大御神の時代に母や娘を犯して罪に問われた事件を引き合いに出して、何としてもコブ付き継母と結婚しないように説得を図ります。ところがイカシコメの伯父ウツシコオがしゃしゃり出てきて、問題はないと言葉巧みに反論、結局オオミケヌシが失脚する出来事があったというんですね。

いずれにしても、周囲の反対を押し切って継母を正妃にすることは、「世紀の恋」であったわけです。それほどイカシコメは絶世の美女だったんでしょうね。

おそらく記紀編纂者はそんなことは書けなかった。だから(面倒くさいから)、「崇神は開化の子にしてしまえばOK」ということにしたのだと私は推測します。

ところで記紀では、「世紀の恋」を成就させた開化とイカシコメの間には、崇神の後にミマツヒメが生まれたことになっています。この子は間違いなく、二人の子であったのではないでしょうか。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR