イスケヨリヒメとイスズヒメは別人だったか否か

イスケヨリヒメが本当は誰の子であったのかという問題について、別の可能性もありますので、それを紹介しておきましょう。

実はこの時代の系図が一番わかりづらくなっています。というのも、記紀編纂者はニギハヤヒやナガスネヒコ、それにタギシミミの子供たちを隠す必要があったからです。記紀ではニギハヤヒこそ悪く書くことはできませんでしたが、ナガスネヒコとタギシミミについては散々な書き方をしています。ナガスネヒコについては「性質がねじけている」とか「賤しい奴」などと描写され、タギシミミについては「心映えが元々仁義に背いていた」とか「邪な心を包み隠していた」などと書かれています。そのような人間の子孫の系図を「公式文書」に残して記録することはできませんね。そこで系図を、「天火明」の時と同様に滅茶苦茶に改ざんしているんです。

では、論点を整理しましょう。
まずイスケヨリヒメの父親ですが、私は三輪の大物主ことニギハヤヒ(もしくはその子孫)ではないかとの説を採っていますが、ニギハヤヒの王統ではないコトシロヌシの可能性もあります。これは後で論述するとして、さらにもう一つの可能性があります。イスケヨリヒメがオホクメの子であるという説です。確かに『古事記』を読むと、神武にイスケヨリヒメをあてがったのはオホクメになっていますから、自分の娘を側室に差し出したことは十分に考えられます。しかし、オホクメがニギハヤヒでないかぎり、神武の臣下の子と結婚しても統一王朝は樹立できませんよね。

そこで一応、オホクメ=ニギハヤヒ説も考慮してみましょう。オホクメがニギハヤヒだとすると、合点できる部分もあります。というのも、オホクメはニニギの天孫降臨の際、先頭に立って降臨した、つまり先立って葦原中国に降臨したと書かれていること、神武の皇后を選んだということになっていること、大和・宇陀(うだ)の豪族兄宇迦斯(えうかし)や,忍坂(おさか)の土蜘蛛(つちぐも)を討った武将(軍事王)となっていることです。ニギハヤヒはそのどれもに当てはまる可能性はあります。

ところが、です。もし『古事記』に書かれている神武の正妃イスケヨリヒメが『日本書紀』に書かれている神武の正妃イスズヒメと別人なら、まったく話が変わって来ます。古事記編纂者はもしかしたら、賤しい血を引きながら正妃となったイスズヒメを隠すために、オホクメの娘であるイスケヨリヒメという側室をあたかもイスズヒメと同一人物であるかのように仕立て上げたかもしれないんですね。

『古事記』はその点、微妙な言い回しをしています。「三輪の大物主とセヤダタラヒメの間に生まれた子がホトタタライススキヒメ、またの名をヒメタタライスケヨリヒメという」と書いているんですね。読者は当然、このイスケヨリヒメが神武の正妻になったと読むわけです。私はここにすり替えがあったのではないかと見ます。

実はこの発想のヒントは正統竹内文書の口伝から得ています。言い伝えでは、神武の側室となったイスケヨリヒメの父親はオホクメである、ということになっているんだそうです。私は最初、イスケヨリヒメが側室であると聞いて、アヒラツヒメが正妃なのかと思ってしまいました。しかし、その後の記紀の話の展開を読むと、どう考えてもアヒラツヒメは側室に降格しています。ということは、イスケヨリヒメとアヒラツヒメ以外に神武には妻がいて、その妻が正妃であったことになります。それが『日本書紀』に記されているコトシロヌシの子ヒメタタライスズヒメです。『古事記』では側室イスケヨリヒメの陰に隠れていたことになりますね。

この口伝が正しいと、『古事記』の物語はおおよそ次のようになります。
統一王朝の王となった神武の正妃にはコトシロヌシの娘イスズヒメが選ばれた。
オホクメの娘イスケヨリヒメは神武の側室となった。
神武の日向国での正妃であったアヒラツヒメは統一王朝の誕生とともに側室に降格された。
神武の死後、側室アヒラツヒメの長男タギシミミが神武の側室だったイスケヨリヒメを娶り、正妃イスズヒメの子供を殺そうとした。
驚いたイスケヨリヒメはイスズヒメの息子たちにこの情報を漏らし、暗殺事件は未遂に終わった。

このように考えると、なぜ『古事記』にはタギシミミが神武の妃のイスケヨリヒメを娶ったことが書かれているのに、『日本書紀』には記されていないのかが分かって来ます。『古事記』では「賤しい正妃」イスズヒメを隠し、『日本書紀』ではタギシミミと懇ろになった神武の側室イスケヨリヒメを隠したのではないかという図式が浮かび上がって来るからです。

なんともすごい話です。特に父親の側室を父親の死後娶って、正妃の子を殺してしまおうという「タギシミミの反逆」は、末代までの語り草になりました。

では次に残された問題である、『古事記』で「ホトタタライススキヒメ」、『日本書紀』で「ヒメタタライスズヒメ」と記された神武の正妃の父親が、ニギハヤヒではなく、別のコトシロヌシであった場合を考察してみましょう。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR