イスケヨリヒメは本当は誰の子であったのかという問題と、タギシミミの反逆

タギシミミの母親の「側室格下げ」が無念であったことはわかりますが、統一王朝推進派にとっては神武とイスケヨリヒメの政略結婚は申し分ない組み合わせであったのも確かです。神武は日向国の女王アマテラスの直系であり、記紀が正しければ、その日向国を強力にバックアップした海人族の血も4分の3は入っています。一方イスケヨリヒメは、出雲国の王スサノオの直系であり、私が正しければ、大和や河内地方を支配していたナガスネヒコ一族の血も入っているはずです。

読者の皆さんの中には、イスケヨリヒメがニギハヤヒとナガスネヒコの妹の子であるはずはない、『日本書紀』に記されているように、「コトシロヌシ」と、ミシマミゾクイミミの子タマクシヒメとの間に生まれた子ではないかと主張する方もいるかもしれません。 実はその可能性もあるんです。もちろんその場合のコトシロヌシとは、オオナムヂの子のコトシロヌシではなく、あくまでもニギハヤヒです。そもそもコトシロヌシとは、事を知る人、つまり文部大臣とか歴史大臣みたいな役職名みたいなものですから、出雲のコトシロヌシとは限らないんですね。「八重事代主」と書くぐらいですから8人はいたはずです。まあ、今風に言うならば各地の「クイズ王」、たとえば「近畿地区のクイズ王」みたいなものでしょうか。私は大物主、すなわちニギハヤヒ説を採ります。

では、ミシマミゾクイミミとは誰であるかというと、何とタケツノミことアヂスキタカヒコネである可能性が高いんです。アヂスキタカヒコネは八咫烏としても知られています。カモノオオミカミとも呼ばれていますね。なぜそのタケツノミがミシマミゾクイミミになるかという理由は、『古事記』に書かれているイスケヨリヒメ出自の「笑い話」と同じ物語が、『山城風土記』に賀茂説話として記されているからです。それによると、タケツノミの娘であるタマヨリヒメが川遊びをしていると、丹塗りの矢が流れてきます。ヒメがそれを取って床の辺に刺しておくと、やがて孕んで子供を産んだというんですね。似ているでしょ。というか、同じ物語ですよね。

この場合、丹塗りの矢は当然、大物主ことニギハヤヒ。ニギハヤヒがアヂスキタカヒコネの娘と結婚し儲けた末子がイスケヨリヒメということになります。アヂスキタカヒコネの直系であれば、政略結婚には申し分のない王統です。なにしろ、アマテラスとスサノオの政略結婚で生まれた長女タギリとオオナムヂとの間に生まれた長男ですから、アマテラスとスサノオの直系です。「国作り」に多大な貢献をした古代ユダヤ人の血も混ざっているかもしれません。

イスケヨリヒメには、ナガスネヒコ一族(ナガスネヒコの妹)の血か、アヂスキタカヒコネの血が入っていたことは間違いないと思われます。少なくとも、そのような組み合わせの政略結婚でなければ、統一王朝の王統は作れないんですね。

それでも母の無念を晴らすべく、タギシミミは政略結婚による統一王朝樹立計画を御破算にしようとします。神武の死後、神武とイスケヨリヒメとの間に生まれた統一王朝の正統な王子二人(三人説もあります)を亡き者にしようとしたと記紀には書かれています。世に言う「タギシミミの反逆」ですね。

暗殺計画は未然に防がれ、逆にタギシミミは統一王朝の正統な王子の一人であるカムヌナカワミミによって殺されたと記されています。

統一王朝の正統な王子を殺せば、自分が統一王朝の王になれると思ったのでしょうか。そうだとしたら、お門違いもいいところです。アマテラスの直系と言うだけでは、統一王朝の王統にはなりえませんからね。だから記紀編纂者も、神武の子であっても逆賊扱いせざるをえなかったわけです。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR