正妻の座を追われたアヒラヒメとその子の無念

長兄の暗殺という予想外の展開により統一王朝の王に急きょ抜擢された、日向国王子の末子サノ(神武)。この全くの不測の事態により、人生を狂わされたのは神武だけではありませんでした。というのも神武には既に地元の日向国に正妻アヒラヒメがおり、タギシミミとキスミミという二人の王子を儲けていたからです。

ところが神武が政略結婚に応じたということは、ニギハヤヒとナガスネヒコの妹の子であるとみられるイスキヨリヒメが正妻ということになりますよね。アヒラヒメは正妻の座から追われ、第二夫人あるいは側室扱いになるわけです。

これと似たようなことが以前にもありましたね。大国主ことオオナムヂとヤガミヒメの物語です。オオナムヂが並み居る求婚者を押し除けて、やっとの思いで手に入れた丹波国の王女ヤガミヒメでしたが、オオナムヂ単独の力ではとても丹波国を治められそうもありませんでした。四方八方(八十神)から攻められて、命辛々逃れて、出雲国の王スサノオに助けを求めます。そのときの助ける条件が、出雲国の正統な王位継承者である末子スセリビメとの政略結婚でした。すると当然、スセリビメが正妻となります。捨てられたのはヤガミヒメ。腹いせに、オオナムヂとの間に生まれた子を木の股に挟んで置いて行ったのは、既に紹介した通りです。

このヤガミヒメの気持ちがアヒラヒメの気持ちに重なります。
当然、母アヒラヒメの気持ちは、その息子であるタギシミミにもよくわかったと思います。
それはそうです。母は父に事実上捨てられたわけですからね。しかも正妻に選ばれたのは、私の説が正しければ、伯父のイツセを殺した「賤しい奴」ナガスネヒコの妹の子です。そんな政略結婚を心情的に許せるはずがありませんよね。

許せなかったのは記紀編纂者も同じだったのでしょう。だからイスキヨリヒメがナガスネヒコの妹の子であることを何としても隠したわけです。大物主ことニギハヤヒが「朱で赤く塗った矢」に変身して、厠で用を足していた美少女セヤダタラヒメの陰部を突いて産ませた子だという、まったくありえない「笑い話」にしてしまったんですね。厠で用を足している時に生まれたような「賤しい奴」の妹の子という意味を込めた、と私は読みます。逆に言うと、そう解釈しないと、この下品な「笑い話」の意味がわかりません。

本当だったら、正統な王位継承者イツセを殺された日向族の関係者は、ナガスネヒコ一族郎党皆殺しにしたかったはずです。でも日向族は大和地方ではよそ者ですから、そんなことはできなかったし、するだけの力もなかったのでしょう。その結果は記紀にも明記されています。ナガスネヒコ一族の血を引くウマシマヂは物部氏の祖となりましたし、イスキヨリヒメは現在の天皇家の祖でもあります。そもそも「賤しい奴」であるナガスネヒコ一族の血を継ぐウマシマヂの存在が抹殺されもせずに、記紀の記録に残って物部氏の祖になったと書かれていること自体が、イスキヨリヒメが実はナガスネヒコの妹の子であることの傍証にもなるんですね。統一王朝を作るためにはそれしか方法がなかったのです。

不本意ながら政略結婚に同意しなければならなかったタギシミミの、いや日向族の無念は、いかばかりだったのでしょうか。
そんな無念の情が募ったのでしょう。タギシミミはこの無念を晴らすべく、行動しようとします。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR