政略結婚に反対したナガスネヒコが取った行動

イスキヨリヒメがニギハヤヒの子供であることがわかっても、ナガスネヒコの妹とニギハヤヒが政略結婚して生まれた子であることが証明されたわけではありません。しかしながら、その後の「天皇家の系図」を見れば、イスキヨリヒメがそれなりに正統な血統を持った王女であったことがわかります。イスキヨリヒメは神武と結婚して正妻となり、子供を産み、その子が綏靖天皇になっているからです。

このことは、イスキヨリヒメがニギハヤヒの正妻の子であったことの証拠でもあるんですね。ニギハヤヒの正妻とは誰かと言うと、記紀に出てくる「ニギハヤヒの妻」は、ナガスネヒコの妹トミヤビメ(ミカシキヤヒメ)しかいません。それに王位継承をかけた政略結婚であれば、正妻にするしかありませんね(オオナムヂがスセリビメと政略結婚するために、ヤガミヒメを無情にも捨てたことを思い出してください)。ということは、イスキヨリヒメはウマシマヂの妹でおそらく末子であった可能性が極めて強いんです。出雲族は末子相続ですから、近畿王ニギハヤヒの正統な後継者であるわけです。

読者のみなさんも段々、物語の筋が見えて来たのではないかと思います。
近畿王の正統な後継者であるイスキヨリヒメの婿選びをする際、おそらくニギハヤヒが統一王朝樹立という亡き父の悲願を成就させるため、日向国の正統な後継者である王子を婿候補に選んだわけです。日向国は長子相続ですから、イツセが招聘されまたはずです。

国力や政情の不安定な日向国としては、「日本の中心」を支配する近畿王ニギハヤヒの正統な王位継承者の娘と政略結婚することは、渡りに船の申し入れなわけです。イツセは喜び勇んで、末の弟のサノ(のちの神武)とともに、その「渡りに船」に乗って近畿に向かいました。ところがここに大きな落とし穴がありました。ニギハヤヒの政略結婚に対し不満を抱くものがいたんですね。

みなさんのご想像通り、それがオオナムヂとの間で死闘を演じたナガスネヒコです。
それはそうですよね。いくら妹の子供であるイスキヨリヒメが正統な王位継承者であるとは言っても、自分の子供ではありません。このままでは、どこの馬の骨ともわからない、日向国の王子に自分の国(河内国、もしくは大和国周辺)を乗っ取られてしまうと思ったとしてもまったく不思議ではありません。

そのナガスネヒコの心情について、『日本書紀』にはこう書かれています。
「天神(あまつかみ)の子がやってくるわけは、きっと我が国を奪おうとするのだろう」
またナガスネヒコは同書で、神武に対してこうも言っています。「どうしてまた天神の子と名乗って、人の土地を奪おうとするのですか。手前が思うにそれは偽物でしょう」

ナガスネヒコとしては、これまでオオナムヂやニギハヤヒといった出雲族の人間のことはよく知っていたと思いますが、日向族の人間はまったくの赤の他人。「偽物」みたいなものですよね。

記紀の記述を読むと、国を奪われると思ったナガスネヒコが何とか政略結婚を阻止しようと、大阪湾から上陸したイツセら一行を待ち伏せしたことがわかります。そして日向国の正統な王位継承者であるイツセを矢で射て、殺してしまうんですね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR