記紀に隠されたニギハヤヒの子供たち

大阪地方を支配していたナガスネヒコと近畿地方に拠点を築こうとしていたニギハヤヒの間で政略結婚による和睦が成立したことで、おそらくニギハヤヒが近畿の王に就任、ナガスネヒコはニギハヤヒから「天の羽羽矢とかちゆき」をもらい軍事王となったことが記紀の記述から容易に推測できます。

で、ニギハヤヒとナガスネヒコの妹であるミカシキヤヒメの間に生まれたのが、ウマシマヂであったわけですが、記紀編纂者は非常に巧妙に、そのほかの子供たちを隠しています。その中で比較的すぐに政略結婚によって生まれた子ではないかとわかるのは、アメノカグヤマとヒメタタライスキヨリヒメです。

特にこのヒメタタライスキヨリヒメは重要な存在ですね。なぜなら末子である可能性が強いからです。
その話題に触れる前に、なぜイスキヨリヒメがニギハヤヒの子供であることがわかるか、について説明しておきましょう。
それは『古事記』に明確にそう記されているからです。

明確と言っても、スサノオとアマテラスの誓約の時と同じで、文学的に明確に書かれているという意味です。
『古事記』には、摂津国三島にセヤダタラヒメという容姿の美しい少女がおり、三輪の大物主が夜這いをして結婚、イスキヨリヒメが生まれたと書かれています。

既に説明したように、三輪の大物主とは間違いなくオオトシ、すなわちニギハヤヒのことですね。
記紀編纂者はこのイスキヨリヒメがまさかナガスネヒコの妹の子であるなどとは書けませんから、このような文学的な表現でそのことを隠しているんですね。

と、ここで時間が来ましたので、続きはまた後で。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR