コノハナサクヤヒメが生んだ子の父親は誰か

ニニギが天孫降臨(日向国王就任)したとはいえ、日向国はかなりの混乱状態だったことが記紀の記述からわかります。
アマテラスや高木神が王だった時代とは隔世の感がありますね。

そもそもニニギが王として何かやったかというと、アメノウズメとサルタヒコの結婚を許したこと以外はほとんど為政者としての業績は残していません。日向国内の小さな遷都や王宮建造ぐらいはやったかもしれませんが、それもおそらく、幼き王を補佐する重臣らがお膳立てをしなければ何もできなかったのではないかと推察されます。王になったのが若すぎたのかもしれませんね。

そしてこの王の時代に、日向国は王統の歴史を揺るがす大問題に直面したことが示唆されています。
ニニギの後継者問題ですね。

ニニギは日向国近くの九州南部にある笠沙の岬で、美しい娘コノハナノサクヤヒメと出会い、その父親に結婚の許しを請います。父親は承諾し、長女のイワナガヒメとともにニニギに差し出しますが、ニニギは容姿が醜かったイワナガヒメを「返却」してしまいました。何ともひどい話です。

これは王室にとっても致命的な失敗であったことがわかります。というのも、『古事記』には「イワナガヒメの返却」によって天皇家(王家)の寿命は長久でなくなったと父親が断言したと明記されているからです。

かなり深刻な問題が発生したことがわかりますね。
どんな問題が生じたかは具体的には書いてありませんが、前後の文脈から推測することは容易です。

まず何が起きたかと言うと、コノハナノサクヤヒメは間もなく妊娠するのですが、ニニギはこともあろうにコノハナノサクヤヒメの浮気を疑うんですね。「俺の子ではないはずだ。一夜の契りで身ごもるはずはない」と。

ニニギが一目ぼれしてしまうぐらいですから、おそらくコノハナノサクヤヒメは絶世の美女だったのでしょう。ということは、モテモテだったわけですね。ニニギと出会う前に既にロマンスがあったかもしれません。つまりニニギと結婚するときには既に処女ではなかった可能性もあるわけです。父親もそのことにうすうす感づいていたとしたら、男にもてない長女のイワナガヒメをニニギの嫁に付け足したのも理解できる行為であったと思いませんか。イワナガヒメは間違いなく処女だったからです。

ところがニニギは長女を返却して、次女のコノハナノサクヤヒメだけを嫁にしました。で、その嫁が一夜の契りだけで早々と妊娠。そのころにはニニギも事の重大さを認識しはじめたわけです。「嫁にはほかに男がいたのではないか」と疑うのも無理はないですね。もし長子がほかの男との間の子であったら、王統が途絶えることにもなりかねません。

ここに来てようやく、コノハナノサクヤヒメの父親の言葉の重さがわかってきてくるわけです。「天皇方の寿命は長久でなくなった」とは、王統が途絶えることを暗示した言葉であったことになりますね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR