ニニギの兄に祭り上げられたホアカリの正体

このように、古代日本の王たちの系図を丹念に調べて行くと、記紀神話の本当の意味がわかってきます。記紀編纂者の言葉の端端や「語らなかったこと」に「重大な歴史」が隠されているんですね。

さて、出雲国を武力で平定した日向国ですが、記紀を読むと、ここで大事件が発生したことがわかります。一つはオシホミミ政権が予想外の短命に終わったことと、もう一つはアマテラスの夫で事実上の王(政治王)であった高木神が亡くなったことです。

本当でしたら、日向国の正統な後継者であるオシホミミが出雲国に進出すべきなのですが、当人はこともあろうに生まれたばかりの息子であるニニギに王位を譲ると語ったと『古事記』に書かれているように読めます。

しかも『古事記』の記述を読むと、ニニギは長男ではなく次男ということになっているんですね。長男はアメノホアカリです。

これは看過できません。長子相続の日向族がどうして次男を王位に就けるんでしょうか。余程の理由があったはずです。

なぜ長男のアメノホアカリではなかったのか、考察をしてみましょう。
一つの可能性は、病弱でとても王位を継げるような健康体ではなかったか、早くに亡くなったか、という健康上の問題です。ニニギの兄だけど、正妻の子ではなかったという可能性もありますね。

しかしながら別の解釈もできます。ニニギの兄などいなかったという見方です。
「えっ、そんなまさか!」と思われる方もいるかもしれませんが、ニニギが長子だとすると、スムーズに理解できるんですね。実際に『日本書紀』の「一書(第一)」にはニニギはあたかも長子であるかのように単独の王子として描かれています。
つまりアメノホアカリは「ねつ造された長男」であった可能性があるわけです。
その根拠は彼の名前にあります。

アメノホアカリは「天火明」と書きます。
どこかで見たことはありませんか。

そうなんです。スサノオの四男であるニギハヤヒことオオトシの正式名称である「天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊」に出てくる名称なんですね。実際『先代旧事本紀』ではニギハヤヒとアメノホアカリは同一人物であるとしています。

ということは、ニギハヤヒの存在を隠すために記紀編纂者が施した系図改竄工作の一つであった可能性が強いんですね。少なくとも私はそのように見ます。

「工作」の証拠は『日本書紀』の混乱・矛盾した記述にも見て取れます。というのも、ホアカリの書き方が非常にいい加減なんです。既に指摘したように、一書(第一)ではオシホミミの子として登場するのはニニギだけで、アメノホアカリは出てきません。ところが一書(第六)ではアメノホアカリはオシホミミノの長男(ニニギの兄)として登場しますが、一書(第二)(第三)(第五)ではホアカリ(火明)という名前でニニギの息子にされてしまうんですね。しかもニニギの子であるとしながらも、長男としたり次男としたりと、滅茶苦茶な記述になっています。

一体全体、「ホアカリって何者なの?」と読者は混乱するはずです。まさにそれが記紀編纂者の狙いなんですね。オシホミミの長男にしたり、その子ニニギの子にしたりして、ニギハヤヒことオオトシがよくわからないようにかく乱したわけです。それによってオオトシがニギハヤヒであることを巧妙に隠しました。

「火が盛んな時に生まれた子を火明命と名付けた」とは、『日本書紀』の編纂者は本当によく言ったものです。
気炎が上がったときに誕生したことにして、まさにニギハヤヒの正体を煙に巻いたわけですから。
嘘をつきながらも、結構いいユーモアのセンスを持っていますね。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR