記紀に隠されたスセリビメの子

記紀の「国譲り神話」ではスセリビメがどうなったのかまったく抜け落ちていることに加えて、もう一つ省かれている人物がいます。それがアヂスキタカヒコネです。スサノオとアマテラスの間に生まれた長女タキリヒメとオオナムヂの間に生まれた長男ですね。

ところがオオナムヂは、国譲りの際にはアヂスキタカヒコネの名も、ヤガミヒメとの子キマタノカミの名も挙げませんでした。
これはどうしてか。もうこのブログの読者の方ならお分かりになりますよね。彼らは正統な出雲の王位継承者候補ではなかったからです。アヂスキタカヒコネはスサノオとアマテラスの孫ですが、長子の子ですから、末子相続である出雲王の正統な後継者にはなりえません。キマタノカミは正妻の子ではないので、除外されたわけです。

『古事記』の編纂者は当然、このことを熟知していたはずです。ということは、オオナムヂが名前を挙げたコトシロヌシと、次のタケミナカタは正統な出雲国の王位後継者だったことは間違いのないところでしょう。

既に説明したように、コトシロヌシは宗像三女神の末っ子の子供の可能性が強いですから、十分に王位継承候補であったことがうかがえますね。しかし、タケミナカタはどうでしょうか。『古事記』ではオオナムヂの子であるとされていますが、母親が誰なのかは記されていません。『日本書紀』に至っては、タケミナカタという名前すら出てきません。

しかし一般的には、タケミナカタはオオナムヂと越国のヌナカワヒメとの間に生まれた子ということになっています。これは民間伝承によるものです。おそらくタケミナカタが諏訪大社に祀られている関係で、地政学的に母親は越国(越国と言っても越後の糸魚川付近)のヌナカワヒメではないかとされたのではないかと思われます。

だけど正妻ではないヌナカワヒメの子では、正統な出雲国の王位後継者とは言えませんね。出雲と越後も地理的に離れています。オオナムヂはタケミナカタが出雲国の正統な王位継承者候補だと言っているわけですから、少なくともスセリビメか、タキツヒメの子でなければ、オオナムヂが「国譲り」をしていいかどうか聞いてくれと答えるはずがありません。

最初、ミナカタが「宗像」の読みに似ていることから、タキツヒメの子ではないかとも思いました。しかし、コトシロヌシがタキツヒメの子とみられますから、同じ母親を持つ王子が二人も正統な王位継承者候補になるのは無理があります。

となると、消去法でタケミナカタはオオナムヂとスセリビメの子であったのではないかという可能性が浮上してくるんですね。そもそも母親が誰なのか『古事記』に記されていないところが怪しいです。記紀編纂者にとって、どうしても母親の名前を明かせない理由があった。それはスサノオの末子で正統な王位継承権を持つスセリビメとその後継者を歴史から隠す(消し去る)ことであったのだと私は思っています。
(続く)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

白山菊理姫竹内文書

Author:白山菊理姫竹内文書
FC2ブログへようこそ!



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR